こちらで更新継続中。PS4版「戦国無双 4-II」をプレイしてみたよ。 面白いけどコスパは悪いかな

PS4版「戦国無双 4-II」をプレイしてみたよ。 面白いけどコスパは悪いかな

戦国無双 4-II イメージ

ついに発売となった、戦国無双 4の外伝的作品・戦国無双 4-II。 これまで様々な人気作品が○-2を出してきましたが、たいていはどれもあまり成功しないというジンクスのなか、本作はどうだったのか? のあたりを書いてみます。

フルプライスというところで引っかかる(コスパが悪く感じる)ものの、内容的には悪くはなさそうです。

スポンサーリンク

相変わらず爽快で、キャラエピソードも無限城も概ね印象は良好

PS4のコーエーテクモゲームスタイトル恒例の仕様で無音になってしまいますが、プレイ動画をふたつ用意しました。 ひとつめは無双演武本編の動画、もうひとつは無限城の動画です。

まずは本編のほうから。

今回は勢力ではなく個人にフォーカスしていて、今一度ここらで比較的新参のキャラを深めようという意図があるのかもしれません。 そしてそれは、少なくとも井伊直政がメインの新星の章では概ね果たされているように思います。

内容としては井伊直政の成長と変化で、それを見守る井伊直虎や本多忠勝とのかかわりが面白いところで、熱い展開や大きな感動というものはないものの、三者三様の見方で井伊直政を見守る人物も含め、なんとなくヒューマンドラマ仕立てになっています。

ゲームプレイの方は良くも悪くも大きな変化はなく、アクション面に関して言えば完成度が増したかなと。 前作では神速アクションがやや強すぎる印象もあったので、今回神速アクションを弾いてしまうザコ敵が出てきたことは、若干の爽快感・手軽感とトレードオフでアクションとしての手応え・完成度は増しています。

新たな武将・武器・軍馬育成システムは……どうなんでしょうね。 正直、素材を集めてどうたらこうたらという、国内においてはモンハン以降猫も杓子も武器合成・強化一辺倒で食傷気味だったシステムではなく、ソシャゲ系の簡素な合成形式になっております。 シンプルになったと見るか、ソシャゲ臭がしてアレと受け取るかで意見が割れそうです。

また、技能習得のシステムは悪くはないものの、無双においてそこまで差が感じられるような気もしない(特殊なスキルを除く)ので、恩恵は薄いんじゃないかなぁ、とか。 それこそ、あまりにも成長の幅を持たせるともうアクションじゃなくてRPGだよね、って話にもなるので。

とりあえず本編部分の記述はこのへんで。 次は無限城。

これも懐かしいというか、過去の人気コンテンツだった無限城がアレンジを加えてリニューアル。 完全ミッション形式で時間の許す限り挑戦していくというコンセプトはそのままに、新たに別館としてミニゲーム的なものも追加。

本館の方は以前の無限城と基本ルールは一緒で、ひたすら城を登っていき100階到達やレア武器の取得を目指します。 純粋にやりこみ用モードですね。

ただ、相当成約がキツかった過去の無限城とは異なり、今回は一定階層に到達することで到達報酬というボーナスが得られるようになっています。 ○階からチャレンジ可能とか、1階上がるごとに+10秒とか。 数や種類はそれほど多くもないですが、私のようにゲームが別段うまくもなく気合も根気もないプレイヤーには嬉しい措置です。

別館の方ではキャラクターの成長など(レベルアップや金取得)はないものの、オンラインランキングが実装されているほか、クリア時のランクによって兵法書(技能の取得時に消費するアイテム)や金の報酬がもらえます。 最高ランクであるSランクでクリアすればかなりおいしいので、何かと使うこれらを稼ぐのにも向いていそうです。……のですが、初回しか報酬がもらえないようです。 うーん、残念!

ミニゲーム集として見ることもできるし、息抜きに暴れる用にも使えるので、これまので微妙なミニゲーム集よりは利用価値はあるように思われました。

決して内容は悪くはない。 しかし、フルプライスの価値があるかは疑問

っということで、内容に関しては概ね好印象を持っております。 まだ無双演武は井伊直政でしかクリア出来ていないのでアレですが、まぁ、なんだかんだ他も楽しめるんではないかと。

ただ、価格設定に関しては内容の割にはかなり高い印象を受けます。

結局、無双演武と言いつつもいわゆる列伝モード程度のボリュームであり、ステージ数も少ない上にイベントやミッションの一部も使い回し(しかも同作内ですら!)です。 新キャラも井伊直政しかおらず、根っこの部分は評価は高いとはいえども前作とほとんどかわりません。

それを完全新作として――全く新しい戦国無双 4としてフルプライスでリリースするのはちょっとどうなのかな?と思うわけです。

ゲームモードにしたって無双演武(フリーモードの模擬演舞はノーカンですよね)と無限城くらいなわけで、過去にあったすごろくやら流浪演舞なんかはないわけです。 もし、キャラ数とそれに関係する育成・武器集めという点だけで、本作のボリュームややりこみ要素として提示するのであれば、それは違うよね、と。

キャラが増えることで相対的にゲームモードやそれらの奥深さが失われているような印象が無双シリーズの近作には続いていて、それはもしかしたら過去作に対する思い出補正であって実はそんなに変わっていないのかもしれません。 が、声優のギャラとかを考えてもキャラが増えるほど開発費の行く先が、ゲームの根幹部分から違うところに多く流れてしまう気がするのです。

じゃあ新キャラはいらないのか、とか、声優業がどうとかっていう話でもないので、そこら辺は開発側もジレンマなのだとは思いますが、本作で感じたように実質的内容に対する価格の高騰が今後更に顕著になっていくのではないかという懸念がありますね。

前作をある程度遊んでもまだ物足りない人にはオススメ

私の現時点での結論としては、前作をある程度遊んだあとでも、まだ物足りない!もっとキャラ同士のかけあいを見たい!といったような思いを持っている方にはオススメできます。 ひとりとはいっても新キャラがいることで新たなかけあいと関係性が生まれていましたし、なんだかんだ無限城は結構遊べそうですので。

他方、前作はもうお腹いっぱいかな~とか、それほどキャラに思い入れがない方にはオススメしません。 前作の延長線上どころか大規模DLCや猛将伝くらいな印象は拭えないので、やっぱり新鮮さに対する割高感がネックになります。

前作を遊んでいない人にとってはその辺は特に関係ない部分なんですけれども、そうなると、単体での完成度やストーリー展開などを考えるとむしろ前作を遊んだほうがわかりやすいように思います。

色々書いてはきましたが、完成度は決して低くなく、今回も楽しめる作品であることは間違いないです。 ただ、価格設定に関しては素直に受け入れがたい部分があるのも事実なので、価格を気にしないのであれば触ってみるのも一興でしょう。

最後に、画像などを掲載して今回はこのへんで。 気は早いものの、次回作(5)ではそろそろPS4のスペックを活かした(PS3を考えない)もう1ランク上のグラフィックがほしいところです。

井伊直虎 イメージ

ライティングの加減で目に光彩がないですが、やはり戦国無双4系のグラフィックはかなりイイと思います。 真・三國無双7は一つ前のver.な印象です。

戦国無双 4-II DLC衣装

さっそく有料衣装が配信されていますが、“なぜか”女性武将ばっかりなんだよなぁ……。 なんでだろうね? 戦国BASARAとバランス逆だね?

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする