こちらで更新継続中。「ソードアート・オンライン ホロウ・リアリゼーション」は2016年秋発売予定。 新PVなども公開。

「ソードアート・オンライン ホロウ・リアリゼーション」は2016年秋発売予定。 新PVなども公開。

SAO:HR イメージ

これは待ち遠しい! 今の段階でも、かなり良く出来ているように見えます。

バンダイナムコゲームスが開発中のSAOゲームプロジェクト最新作、SAO:HRの新PVなどが公開されています。 動画を見る限り、かなり本格的なARPGとしても楽しめそうで、期待がうなぎのぼりです。

スポンサーリンク

武器もスキルも多彩そう。 幅広い戦闘が楽しめることに期待したい。

ということで新PV(上の動画)と、新情報が解禁された生放送のアーカイブ(下の動画)をどうぞ。

生放送のSAO:HRの話題は19分56秒~くらいですね。 その他にもコードレジスタなどの話題も前後にあったりします。

以前公開された動画でも、かなりヌルヌルサクサク動いていて期待値こそ高かったのですが、今回改めてブラッシュアップ後の動画を見るに、更にARPGとしての完成度が増している印象を受けます。

SAO:HR UIイメージ

戦闘システムもさることながら、擬似MMORPGを意識したというUIは、いい感じにモダンなMMORPGのそれをイメージしていて、それでいて本作向けに調整されているようですね(まだまだ手を入れていくとのこと)。

ショートカットパネル(ホットキー)郡はタッチ操作等で実行できるものになっていて、曰く「コマンド戦闘に慣れている人はここで操作して戦っていける」と、A(RPG)に不慣れな人でも遊べるように配慮しているような発言がありました。

が、実際の現段階のプレイを見るに、本作はかなりスピード感があってアクション性が高くて忙しい印象なので、ショートカットパネルだけで戦い、勝ち進んでいくのは難しそうです。

そして個人的に気になったのが装備可能な武器種。

武器種1

武器種2

今の段階で片手剣(Sword)、細剣(Rapier)、曲刀(Scimitar)、短剣(Dagger)、打撃(Club)、両手武器(Twohand)、斧(Axe)、槍(Spear)の8種類が確認できますね。

SAO:HFではこの他に刀や二刀流(武器種とは言いませんが)などもありましたが、より包括的な武器種に統廃合がされた可能性はありますね。

むしろ、SAO:HFとは異なりARPGの要素が強まったので、これらの武器種ごとによるアクションの差異がどれほどのゲームプレイの幅に繋がるかに注目したいところ。 あるいは、製品版に向けてもう1,2種類増えてくれても嬉しいところですが。

その他、PS4/PS Vita両バージョンに限定版を用意する予定があること、その特典の一つとしてユーザー参加による「電撃NerveGear Vol.4」が含まれることなどが明かされています。 特典内容は続報を待ちたいですね。

このあたりは、「電撃 – 本日判明した『SAO ホロウ・リアリゼーション』情報総まとめ&“アインクラッドのドレイ”募集開始」にも詳しく書かれていますので、ご興味がある方はご覧ください。

それにしても今作はパーティプレイが主軸となりますが、どのようなメンツで攻略するか悩ましいですね。 趣味に走るか、実用性重視で固めるか……。 とりあえずアルゴが戦闘メンバーにいれられるといいなぁ。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする