こちらで更新継続中。「討鬼伝2 体験版」プレイしてみたよ。 狩りゲーの“次”が見えそう。

「討鬼伝2 体験版」プレイしてみたよ。 狩りゲーの“次”が見えそう。

討鬼伝2 体験版 イメージ

本記事はPS4版の体験版の最初期のバージョンをプレイしての記事であり、Vita版やアップデート後のPS4版の体験版で修正された箇所なども不満点などとして挙げている箇所がありますのでご注意ください。

いよいよ配信となった討鬼伝2のオープンワールド体験版。 好きなシリーズなので、早速色々と触ってみましたよ。

オープンワールド推しな宣伝には疑問が残るものの、全体的には楽しさと期待に満ちた内容で、早く製品版を!と思うには十分だったかなと。

2016/07/21配信の「討鬼伝2 引き継ぎ体験版」に関しての記事を書きました。内容は本項を継承しています→「討鬼伝2 引き継ぎ体験版」配信。 期待を煽るには十分の感触。

製品版が発売され、とりあえずストーリー本編はひととおりクリアしたので、「討鬼伝2」ついに発売。 予想の範疇を超えないものの、割と堅実な出来栄え。という記事を書きました。 こちらも併せてどうぞ。

スポンサーリンク

まだちょっと最適化不足な部分もある。

なんだかんだで1時間ほどになってしまった、音声解説・紹介動画を用意しました。

基本的な部分は動画内でひととおり触れられた、かな? まぁ、鬼ノ手やスプリントなど未着手の部分もありますが、根幹となる部分は概ね網羅できたかなと。

で、やはり目につくのは、体験版ということもあってか最適化不足や不具合がちらほら見受けられる点。

里の中でも視点移動・カメラ回転するとフレームレートが落ち込みます(むしろ屋外のほうが快適)し、ネットワーク周りも不具合やエラーが多めな感じ。

不具合としては、フリーズやエラー落ちもたまにあるわけですが、再現性が低めで条件がわからないものとして、「気力が回復せず減り続け、タマフリの構えで回復もできない」というものがあります。

シンラゴウ戦での出来事なんですが、常時気力(いわゆるスタミナ、黄色系の色のバー)がすっからかんなのがわかるはず。 本来であれば、静止状態であればゆっくりと回復していくんですが……全くその気配がないですよね。

場所が異界であり、今回は活動限界時間があるということで、「ああ、異界で瘴気を溜めすぎると気力減っていく仕様なのかな?」と最初は思っていたんですが、どうやらそうでもない様子。

というのも、この後にわざとやられてみたんですが、再現しなかったんですよ、この現象。 かと思えば、他の任務中やマルチプレイ中にも発生したりと、場所や戦う相手、シチュエーション……いずれも条件がよくわからないんです。

私は癒のミタマ(ねね)に武神ノ砦の効果アップのスキルをつけた状態で、武神ノ砦を使うことが結構多いので、オーバーフローでも起こしているんだろうか?とか素人診断しております。

その他不具合かわからないものとしては、

こんなのも。 極力同じ条件(直前で任務を高速周回していて、条件達成後に待たずに帰還していた)で装備をガチャガチャ変えてみたりしましたが、再現ならず。 共闘作戦とか、なんかの時限制の依頼が裏で進行していて時間切れとかでしょうかね……? 謎だ。

まぁ、こういう不具合をあぶり出して報告し、製品版の品質向上にあてるのも最近の主流ではあるわけなんですが(本来デバッガーがやることですがww)、なんで報告フォームを記事公開時点でまだ告知していないのかは謎です。

PS Plus会員は先行プレイ可能ということですが、それだけ既に意見やらバグ報告がたまっているはずなのに、です。 まぁ、最終的に吸い上げてくれるんであればいいんですけれども。

その他、細々した不満点・改善要望点。

目下のところ、以下の様な部分も不満であったり、改善・追加の要望を出す予定であります。

  • 取得素材を里に帰還後に一覧表示してほしい。
  • 倒木や平べったい岩などの、低高度なオブジェクトの見えない壁(でかすぎるコリジョン)撤去。
  • 装備のプレビュー表示は実装してほしい。
  • 依頼は再発生してほしい。
  • チェックボタンの統一。
  • フリーチャットの呼び出しを、もっとスムーズにしてほしい。
  • ジャンプ攻撃を実装してほしい。

取得素材~は、プレイ中は右上に直近2枠ずつログに表示されますが、正直なところ確認が追いつきません。 一応、ゲーム中のメニュー内から取得済み素材は見ることが出来ますが……帰還後に一覧表示もしてくれたほうが親切かなと。

見えない壁~は動画でも触れたように「オープンワールド」を冠している割には移動時の細かな制約が多く、割と不便・面倒・窮屈な思いをしたため。 見た目がリアルになるほど「どうしてこんなところも登れない・またげないのか?」っていうのが増えていくので、難しいところではあるんでしょうが。

装備プレビューは単純に過去作で出来ていたことができなくなっているため。 体験版には間に合わなかっただけで、これは実装が決定しているとは勝手に思っています。

依頼はフィールドを探索する際の小さなモチベーション維持に寄与するであろう、という推測から。 なにも目的もなくブラつくのも楽しくはありますが、それは膨大なロケーションや様々な観光要素があってこそ。 こうした小目的を細かく・何度でも受注達成できたほうがいいはず。 そのかわり、一回あたりの報酬は控えめでもいいかなと。

チェックボタンは、葛籠(つづら)?を開けるときやNPCとの会話、跳界石のチェックなどは○ボタンなのに対し、フィールドに落ちている素材の収集は×ボタン(これは過去作からの伝統)と、統一性・一貫性がない点ですね。 意味もなくわける必要が感じられず、○ボタンだと武器ごとの特殊アクションと干渉し暴発の危険性もあるので、×ボタンに統一したほうがいいんではないかと。

フリーチャットは恐らく使わないんでどうでもいいとは思うんですが、現状の仕様では一回発言するために煩雑な操作を強いられます。 ネトゲにあるダイレクトチャットモード的な、Enterキーを押せばすぐに入力開始!みたいな手軽さがほしいですね。 あと、一回の発現あたりの字数制限がきつすぎるような……。

最後のジャンプ攻撃は、鬼ノ手によって空中移動中は空中での攻撃があるのに、段差からジャンプした時には攻撃できないと、イマイチ整合性のとれていない印象を受けた部分ですね。 別に鬼に“乗り攻撃”させろとかってわけではなくて、単純に段差を活かしての攻撃があってもいいじゃないかと。 そうすれば、起伏のあるマップも活きてくるはず。

その他、完全部位破壊の条件など、厳密なところまで踏み込んだ説明が得られなかったように思うので、そうしたシステム面のフォロー徹底・改善もほしいところですかね。

色々言ってきたけど、楽しいんです。

色々とマイナスな部分を書いてきましたが、不満点や改善要望点を先に書き出すのはある意味テスターみたいなスタンスで体験版を触ったからかもしれませんね。 ここからは、いいなと思った点。

まず、ビジュアル面。

キャラモデル

キャラモデルは直近の無双や討鬼伝 極(PS4)と大差ない感じ。 ちょっとだけ、より現実的になったような、そうでもないような……。 まぁ、動かす分には特に不満はないレベル。

断面図

ちょっと記憶に自信はないんですが、これまでの討鬼伝において部位破壊後の断面図ってこんな燃えるような色してましたっけ? 私としては目についたのがここで、気づかないようなところでもブラッシュアップされてるのかな?とか思ってました。

UI

UIはシックでシンプルでモダンな感じに。 すっきりしていて見やすいと思いますし、他の部分でも全体的に見やすさと一覧性が高まったように感じました。

この他では、PS4版極で過剰気味だったブルームなどのポスト(プロセス)エフェクトがやや控えめになって、見やすく・目にも優しくなったかな?と。

グラフィックレベル……モデリングやテクスチャ全般はそれほどイイわけじゃないですが、こうしたポストエフェクトなどを含めても、全体的に見やすさをある程度確保しつつ、統一感のある美しさというのはあって、まぁまぁ綺麗にまとまっている印象です。

また、オープンワールド要素に関しては、確かにオープンワールドといいつつ融通がきかないなどから不満も残るものの、ハンティングアクションゲームとの親和性が確認できたり、次のレベルが見えるような気がする点は○。

どこぞのWitcherよろしく鬼の痕跡をたどるようなハンターっぽいシーンもありますし、ランダム性など諸々物足りなさもあるものの、鬼(巨大な敵)との遭遇戦など、私が「次世代の狩りゲーに望むこと」が概ねある程度の形になって現れているんです。

ビジュアル面など外面だけではなく、しっかりとシステムやゲームの根幹部分にまで手を伸ばして、大きな冒険をしたコエテクの勇気は率直にイイと思いますし、応援したい気持ちが湧いてきます(だからこそ、そうじゃないんじゃね?っていうところは強く言っちゃったんですが)。

討鬼伝のこれまでのプレイフィールは損なわずに、オープンワールド系のエッセンスも割とすんなりと溶けこませている点はGoodとしか言いようがなく、今作ではどうなるかはともかく、今後の狩りゲーの展望に期待したいという希望をもたらせてくれたのはありがたいことです。 是非ね、某神を喰らう狩りゲーもこちら方面に寄せて頂きたく思います。

海外なりの狩りゲーであるHorizon Zero Dawnもオープンワールドを採用していますが、やはり広大なフィールドで巨大な敵と遭遇しやりあう、地形を活かして劣勢でも渡り合う、追走劇を繰り広げる……っていうのは、狩りゲーが将来的に獲得すべき要素だと思っています。 そのうちのいくつかの兆しが見えたのは、ファンとしては嬉しい限りです。

というかですね、なんだかんだ言いつつも体験版(しかも製品版へのデータ引き継ぎがないっぽい)にもかかわらず装備作って強化したりとかも含め、2~3時間普通に遊んじゃってたんですよ。

っていうのも、やっていて楽しかったし、次世代狩りゲーの兆しを感じることが出来たから。 期待値はうなぎのぼりですよ! 製品版が一気に待ち遠しくなりました。

完全部位破壊が限定的だったんですが。 ~鬼葬・鬼返などの説明求ム~

永久に、その部位を消し去る!ということで、どんなもんかと気にはなっていた鬼ノ手のアクションのひとつ「完全部位破壊(正確には鬼葬、おにはぶり)」。 どうやらこれ、どの部位でも消し飛ばせるわけではないっぽいですね。

鬼葬

共闘ゲージがMAXの状態で、鬼ノ手を発動すると鬼葬に……としか説明がなされませんが、「永久に部位を葬る鬼葬」をこそ発動させたい場合は、鬼葬発動後のターゲッティング時に白くハイライトされた部位を狙う必要もあるんです。

この辺の説明が不足していて手探りでたどりついた感がある(手探りも嫌いじゃないじゃないけどね)んで、この辺はぜひ製品版では詳しく説明がほしいところ。

同じように鬼返も、「鬼を引き倒せる」としか書いてないんですが、これもいつでも倒せるわけではなく、

鬼返

この赤いオーラが出る攻撃(主に突進攻撃が多いようです)に合わせて鬼ノ手を使用……が、条件ですね。 普通の攻撃とか、タイミングがズレてしまうと鬼絡となって鬼に急接近してしまい、ただ被弾してしまうだけ……ということもあるので、結構リスキー。

その分、成功させれば転倒させてフルボッコにできるので、リスクをとるかどうか、自分のプレイスタイルにあわせて決めるといいんじゃないかなと。

サブミタマにも活躍の場を! ~ニギタマフリ&アラタマフリ~

本作では武器にはひとつしかミタマを宿せなくなったっぽいんですが、そのかわり、防具と鬼ノ手にひとつずつミタマを宿せるようになりました。

防具にミタマを宿せばニギタマフリ。 一定条件を満たすと自動で効果が発動するタイプ。

ニギタマフリ

例えば、源義経だと「死返」となり、致死ダメージを受けると自動で発動……一定時間は死なない≒無敵となります。 その間に大勢を立て直すことができそうですよね。

これはミタマごとに違うのか、それとも、スタイル(攻とか癒とか操とか)で決まっているのか……はプレイした範囲では不明でした。

鬼ノ手にミタマを宿すとアラタマフリ。 任意発動でき、効果も大きいですが、代償があります。

アラタマフリ

これもミタマごとに異なるのか、スタイルごとかは不明ですが……様々なデメリットを抱えつつも、それゆえに大きな効果を得られるものが多い印象ですね。

効果時間も短めな傾向なので、上手く使えば一気に優位に、下手すると一気に追い込まれてしまうかも……。

まぁそんなこんなでですね、これまではスキル構成のためとか、併せスキル発動のためでしかなかったサブミタマたちですが、これらのシステムによってサブミタマ選びが更に悩ましいものになっていてイイと思います。

私はマホロバの里に行くことになると思います。

というわけで、体験版の範囲での感想とかもろもろでした。

エンドスチル

ってことなんですがね、行くしかないじゃないですか、これだけ期待値が高い体験版をプレイしたら。

でもね、一番最初の討鬼伝の最初期の体験版は「うわぁ……」ってなったもんですが、あれから見ると大小様々な不満などは色々あるとはいっても、期待できそう・期待したいな!って思えて、なおかつ楽しくやれたってのはめざましい進歩・成長が見られるってことなのかなと。

直近でやった某国民的狩りゲーがあまりにもあんまりな出来だったのでアレでしたが(神喰いのほうがストレスはあってもずっと楽しかったヨ)、ここに来てまた討鬼伝がやってくれそう感が強まってきました。 というか、ついにリードしたかなと。

オープンワールド部分の出来はまだまだって感じは強いんですが、可能性や今後の展望を直に見た結果としては「やっぱりハンティングアクションにオープンワールドという要素は今後入れるべき」という印象です。 今後より進化していってもらえればなと思う次第です。

もちろん今回のこれはまだ体験版。 またアンケートなどから意見などを吸い上げて製品版の改善をしていくとのことなので、ぜひとも体験版をプレイして、色々と意見や感想を送ってあげるべきでしょう。

そうするに値する可能性を、本体験版からは感じました。 うん、かなり楽しかったし、楽しみです。 もっと色々なロケーションで未見の鬼たちと遭遇したいもんです。

その後: 製品版及び体験版で改善予定の場所。

記事公開からしばらくたち、公式に様々な修正・改善を施す予定であることが発表されました。

記事にも書いた「チェック(アクセス)ボタンの統一」や「装備プレビュー」などは最新のPS4体験版やVita版で修正されているようですし、それ以外にも様々な追加・改善が行われているようです。

もちろん、体験版では確認できない範囲でも、様々な分野に手を入れる(特に新アクションまわりのチュートリアルの充実など)とのことなので、よりよい状態でプレイできるのは間違いなさそうです。

詳しくは討鬼伝2公式ウェブサイトの開発者通信にて言及があるので、気になる方はご覧ください。

ああ、それにしても、新キャラの真鶴さんが今回の私の心の癒しになりそうです……。

真鶴 イメージ

今回ビビッと来たのが、クールなメガネ美人の真鶴(まなづる、cv.後藤沙緒里)さん。 いや、博士もいいんだけどね? うん。

モノノフではないそうなのですが、弓持ってるイメージビジュアルが公開されてるんで、同行できるのでは!?という一縷の望みに賭けようかと。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『「討鬼伝2 体験版」プレイしてみたよ。 狩りゲーの“次”が見えそう。』へのコメント

  1. 名前:こーせき 投稿日:2016/04/11(月) 07:37:59 ID:8e856c86e

    久しぶりにこんばんは。当方、まだPS4をネットに繋いでないので、動画とか眺めてるだけですけど良さげに見えますね。どうあれ買うことは決めてましたけど。
     前作とかから、体験版での不満はある程度直してくれる開発だと思いますし大丈夫じゃないすかね。コロコロ変えるから意志の弱い開発とも言われてますが。(しかしねねが可愛いな、無双もこれでいいんじゃ…)

     正直オープンワールドとかほざいた時は無理だろ、と思いましたw 多分GEみたいな一括マップを広めに作ってオープンっ言うんだろう?と。でも割とオープンしてるみたいで期待してます。

     せっかく買ったからPS4版かな~と思いましたけど、狩りゲーを据え置きをいちいち起動してやるタイプじゃないのでVITA版にしそうです。面白かったら買い直そうかなと、PS4グラのが雰囲気いいだろうし。

     なんか特典のグッズに桜花さんとかあるけど、前作陣は全員出るんですかね?HPとかで一切紹介されてなくて不安です。桜花さんいるかどうかで評価激変わりの人もいるのでどうにかして欲しい所です。

     そういや鬼の手の挙動見て荊を思い出しました。フリウォってどうなったんだろう。
     
     ついでに他記事の意見も言うと僕は「かける」ゲーム派です。好きなゲームだとあえてクリアせずにダラダラ生活したりします。今はFallout4でサブクエ消化とアーマード普段着の強化に明け暮れてますw

    • 名前:壬生狼 投稿日:2016/04/11(月) 08:23:22 ID:ddf5c7cbc

      どもどもです! 私も買うのは決定済みではあったんですが、やってみるとまた違うので、機会があれば体験版やってみてくださいな。

      >ねねが可愛い

      見た目や中の人は別なのに、セリフの方向性は無双ねねそのものでしたよww

      オープンワールドに関しては私もGEの延長線上くらいなものが出てくる可能性も考えていたんですが、体験版に先駆けて公開された動画とかでそれはなさそうで安堵していた経緯があって。 動画中などでは色々と偉そうにご高説垂れ流してしまいましたが、それなりのオープンワールド感はあると思います(オープンワールドゲーム未経験の人は結構広さと探索感に感動していたようです)。

      あ、ちなみにフレームレート落ち込み的やオープンワールドという仕様的に、Vitaだとキッツイんじゃないかな?とは思いました。 これ、ちゃんと動くんかな?と。 PS4版をリモートプレイっていう手もあるので、それなりに期待しているのであれば、PS4版を選ばれるのが良いかと……。

      今のところというか、体験版の範囲では前作キャラの影も形も見えませんが、時代設定的に前作から何年後かとか曖昧ですし、どうなんだろうな……。 桜花さんの続投・降板で評価変わるとか一体誰でしょうね!! 初穂おねえちゃんもぜひ。

      一時期続編が噂になって再び夢幻の如く消えましたね>フリウォ
      リメンバー・ザ・フリウォ。

      >僕は「かける」ゲーム派

      お、そうなんですね! 気が合いそうです。 時間を割けない日本人のゲーマーも増えてきているでしょうし、柔軟なプレイスタイルに対応できる寛容さが欲しいですよね。
      やっぱりどのゲームでも飽きは来るので、飽きるまで遊べるよ!っていう感じのゲームがいいのかな、とかも思ったり。

      Fallout4、DLCもリリースされ始めましたね! 今はいったん別ゲー攻略に行っておりますが、ストーリーコンテンツが配信されたらまたあの世界に戻りたいです。

  2. 名前:こーせき 投稿日:2016/05/28(土) 10:20:31 ID:5eb2f7768

    こんばんは。いえ、もうおはようか。この度Vitaの体験版が出ましたので、とりあえず一通り任務をこなしましたが、壬生狼さんの言ってる不満箇所が良くわかりました。確かになぁ~と。
     あ、でもフィールドでの会話、宝箱の開封は×ボタンでしたね。でも選択肢決定は○ボタンのみでした。フォールアウト4慣れしたから別に全部×決定でもいいかなとは思う。
     それと鬼ノ手周りは説明欲しいですね。完全破壊じゃ!って言うけど具体的な操作が良くわからんよっていう。博士ぇ。

     オープンワールド要素に関してはまだ作り慣れて無い感はやはりありますね。体験版での意見を汲み取ってくれると良いのですが。安定の延期入ったっぽいし。
     気になったのはグラの綺麗さとかでなく(個人的には今回の極より少し良い位で充分なので)作りというか、センスというか、歩いてて面白い所が特に無かった事ですかね。本当に少し広がった討鬼伝ってだけなので探索しがいのある物になると…もっとこう、うん。上手く言えませんが。
     大型と会うと範囲を限定されるけど、強敵から逃げてきて違う強敵に遭遇!の様なオープンワールドあるあるは起きないんすかね。

     意外だったのは紅月さんが普通に那木ポジ臭い所でしょうか。なんか勝手に無双のシン姫っぽいのを想像してたので…。皆が嫌がっていたグウェンの声ですが、ドラクエをプレイしてない僕は只叩いてるのかと思ってたんですけど中川さん普通に上手くないんですね。人種が違うようなのでカタコトなんだよ~で納得するしかないのかな。

     もろもろ不満箇所はあれど討鬼伝3、もしくは今作のバージョンUPで凄いゲームになるのでは!と期待できる感じでした。しかしスルメゲーとなりそうな今、やはり桜花さんの参戦が待たれますね。桜花さんとウロウロしたいんじゃ!って人がそりゃもう居るでしょうし。(チラッ)僕は極に出たシラヌイの里の何か怖いお姉さんが欲しいですね。名前思い出さないな…。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2016/05/28(土) 11:47:22 ID:402d6a6c1

      おはようというかこんにちはというか。

      お、こーせきさんも遂に触られたんですな。 なんかまだボタンまわりしっちゃかめっちゃかみたいですが、○ボタンは武器の特殊行動と競合するんで避けたとのこと。 鬼の手に関しては製品版でチュートリアルを充実させるらしいですが、この辺は体験版に入れるべきだったのではと……。

      探索感に関しては、まぁ、国内ではまだまだ発展途上のオープンワールドということで、手探りなんでしょうね。 海外のAAAタイトルに触れてしまうとどうしても……ですな。 大型同士のリンク遭遇は体験版の範囲ではなさそうでしたね。 突発的遭遇戦くらいは期待できそうかな?程度でしょうか。

      新キャラはどうしてもキャラが立っていた無印と比べると地味というか、イメージが重なるキャラもいたりしますね。 そんな中で真鶴さんが唯一反応できたキャラなんですが、真鶴自体も他のゲームだったら地味枠だろうなと……。

      しょこたんさんは、まぁ、声優じゃないからなぁ……その割には頑張ってるよね、っていう甘い目で見ております。 破壊的に下手くそな演技で映画を台無しにする俳優らがいるなかで、このくらいのレベルであればいいんでね?みたいな(※端的に言うとグウェンにあまり関心がない)。 ただ、映画でも見られるような、演技力が著しく伴わない客寄せパンダ大量流入化の兆しでなければいいなと不安もないではないです。

      まだシナリオの時系列とか歴史とかに触れられていないんでどうにもですが、もう、ミタマの英霊枠で出してくれませんかね、桜花さん。 主人公はコールドスリープみたいなものを食らってた印象を受けましたし、無印のキャラはもう誰も生きていないんじゃないかと……(前回のオオマガドキから100年とか言ってませんでしたっけ?)。 もうね、凛音さんも含めて前作キャラはミタマかコールドスリープ枠で出しましょう!ね!!

      P.S.
      貧乳メガネが好きというより、貧乳とメガネが好きで、たまたまキャラメイクでの組み合わせがそれに偏ってるだけです! バインバインでムッチムチも大好物だし、ケモノとかアレとかコレとか好きなんで、色々とっかえひっかえ楽しめております。 多属性持ちは強い。 いろエロな意味で。

      P.S.2
      ほら、ネトゲやソシャゲで期間限定ブーストってあるじゃないですか。 多分今の私はロリ(ケモミミ)メガネブースト期間中なんですよ、多分。 むっちりも復調の兆しがあるんで、次のブーストがなんになるのか今から楽しみです。

  3. 名前:こーせき 投稿日:2016/05/28(土) 10:43:15 ID:5eb2f7768

    失礼。追記です。凛音さんですね、シラヌイの里の。日本は可愛いはもとい、もっとこういう格好良い系ヒロインも増やすべきだとお姉さんスキーの僕が言っておきます。
     真鶴さんは最近発表された違う勢力っぽい人ですな。っていうか壬生狼さんのGEやPSOのキャラメイク見る限り、貧乳のメガネが好きなだけじゃ…。ああ、この人、声が未来と同じですね。