こちらで更新継続中。爽快!ド派手!な弾幕STG「Crimzon Clover WORLD IGNITION」をプレイしてみたよ。

爽快!ド派手!な弾幕STG「Crimzon Clover WORLD IGNITION」をプレイしてみたよ。

Crimzon Clover イメージ

STGの楽しさを濃縮すると、こうなるんじゃないかというひとつの完成形だと思います。

これまではあまりSTGは遊んでこなかったんですが、本格的に興味を持たせてくれたのがRESOGUNだとすれば、STGの私の好みを明確化させてくれたのが本作・Crimzon Clover WORLD IGNITIONです。

とにかく気持よくて派手な弾幕STG。 難易度の許容幅も広く、私のような初心者・経験が浅い人でも楽しめる逸品だと思いますよ。

スポンサーリンク

初回プレイ時は思わず笑っちゃいました。 それほど派手で楽しい!

低難易度でそれほど弾幕も厚くない、ヌルいプレイではありますが、動画を用意しました。 字幕解説です。

本作はもとは同人ゲーで、完成度が高かったことから人気沸騰、巡り巡ってアーケード化までされちゃったという異例の作品。 それだけあって、初心者・経験の浅いプレイヤーである私もグッと心を掴まれたわけです。

初回プレイして笑っちゃったのが、自機の性能。 私のプレイするSteam版では初期段階でフルパワー状態なんだそうで、通常ショットでもかなりの範囲をカバーしています。 その上、低難易度だと面白いように敵が爆散していって、サイコーに気持ちいいんです!

そして本作の特徴でもありキモでもあるブレイクモードでは、ただでさえ威力と範囲が高めなショットが更に拡大・強化。 画面の大半を自機の弾幕が覆うような感じで、大笑いです。 比例して爽快感も(画面が派手になって敵弾が見難くなるスリルも)大きくなります。

弾幕STGの多くは、色々触って見た限りでは(特に某東方から影響を受けた作品は)よけることが第一命題になっている気がするんです。 よけて、弾幕の嵐を生き残るために敵を倒すというか。

まぁ、弾幕STGっていうくらいなので、それが間違っているとは言いません。 ただ、私が求めているのはあくまでも“シューティング”なんです。 よけるのは生き残って敵をぶっ倒すためで、何よりも敵を倒す爽快感を重要視しています。

そこのところで、弾幕STGというフォーマット上にある本作とは波長が合いました。 敵撃破時の見た目の派手さ、効果音の心地よさ。 これがあるから、より多くの、より強い敵を打ち倒したいと思えるし、倒した時の達成感もあるんじゃないかと。

この感覚をはじめて感じたのはPS3版の雷電IVだったんです。 アレは弾幕よりも弾速の速さで「STGってやっぱり難しいんだな……これ、無理じゃね?」と思いつつも、前述のような敵を倒す心地よさのおかげでコンティニューしまくりでクリアまでこぎつけられたんです。 それがこうして自分なりに確信に至ったわけです。

ノーコン・ノーミスクリアには遠いへっぽこぴーな私ですが、そんな私でも思い返したように起動してはプレイしちゃう。 そんな魅力が本作には備わっています。 個人的にはめちゃくちゃオススメな作品です。

ご興味がある方はぜひ、この脳汁ドバドバなSTGに挑戦してみてくださいね。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする