こちらで更新継続中。【緑光発掘 Vol.3】空虚なオープンワールド世界を旅する「The Girl and the knight together tonight.」

【緑光発掘 Vol.3】空虚なオープンワールド世界を旅する「The Girl and the knight together tonight.」

Greenlight_logo_large

本来はSteamに登場してほしいゲームに投票して応援できるGreenlightタイトルのうち、個人的に応援したいものを紹介する「緑光発掘」ですが。

第三回目となる今回ご紹介する「The Girl and the knight together tonight.」は応援していいものかどうか悩ましいタイトルになっております。 駄作の予感しかしない……!

スポンサーリンク

どこまで狙って駄作に徹することができるか。

とりあえずトレーラーをどうぞ。

ツッコミどころしかないトレーラーですが、作者のお母さんが「知的なゲームね!」と讃え、ベータテスターが「走れない!」と驚嘆したという、なんとも恐ろしいゲームの予感。

“革新的グラフィック!(2002年と比べて)”

“世界中の数百万ものプレイヤー!(が、このゲームの事を知らない)”

“シームレスなオープンワールド!(だけど空っぽ)”

“冒険、戦闘、勝利!(ただしこのゲームの中にはない)”

と、なんとも自虐的なアピールが表示されるトレーラーに私の目は釘付けです。 危ない兆候です。

また、このゲームの中でできることとして、

  • 全方向に動ける
  • 頭を全方向に動かせる
  • ジャンプしたり走ったりできる
  • 女の子をコントロール(操作?支配?)できる!
  • 女の子ゲーム内のオブジェクトをイジれる (ドアやチェストを開けたり).
  • 他にもCOOLなことがいっぱい!

現実世界のようになんでもできる!……みたいなことまで書いてます。 そ、そっかー……ヨカッタネ。

ちなみに、そんな本作のゲームプレイ動画も公開されています。

無駄にガチョンガチョン言うその様は、スターウォーズのAT-STのよう……というのは褒め過ぎで、なんか金物の調理器具をガチャガチャさせてるだけのような安っぽい音が味わい深いですね。

なんともはやで、間違っても1000円以上払いたくないレベルのしょうもないゲームですが、不思議とやってみたいようなそうでもないような……。

私と同じくプレイしてみたい方は、応援してあげてください。 どうせならもっとヒドい方向に劣化すると祈りつつ。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする