こちらで更新継続中。「ドラゴンクエスト ヒーローズ」クリア。 今後にも期待できそうだよ

「ドラゴンクエスト ヒーローズ」クリア。 今後にも期待できそうだよ

DQH エンディング イメージ

やっとこさクリアしました、「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(以下、DQH)。

スクエニ(というより堀井雄二氏)とコエテク(というか襟川陽一氏)のタッグで実現した、爽快感と遊びごたえを実現した良質なARPGになっていました。 DQファンには嬉しいアレコレもあったりしますし、今作の完成度の高さから今後の展開にも期待したい作品です。

スポンサーリンク

DQ+無双+討鬼伝+タワーディフェンス=DQH

DQHはARPGであり、コエテクの擁するω-force(オメガフォース)が開発ということで、発売前から「ドラクエ無双」などと呼ばれてはいました。

しかし、実際にプレイしてみるとDQと無双のミックスだけではなく、強大なボスに立ち向かうという討鬼伝的なエッセンスが少々感じられました。 また、単に敵を大量に倒すだけではクリアできない部分もあったりして、様々なゲームのいいとこどりな作品に仕上がっています。

特に本作にはタワーディフェンスゲームの要素もあり、キャラがかなり強くなっている2週目以降はともかく、なかなかにやりごたえのあるデザインになっていて、単に爽快感“だけ”のゲームではないことを覗かせてくれます。

本作の戦闘まわりは以下の3種類に大別できます。

  • 敵を全滅させる通常戦闘
  • 防衛・護衛対象を守りぬくタワーディフェンス的戦闘
  • 強大なボスに挑むボス戦闘

通常戦闘は無双的なアクションでモンスターの大群を蹴散らす爽快なアクションパートと言えます。 とはいっても無双よりもモンスター別の個性が前面に押し出されていて、状態異常や補助行動が厄介な魔物とか、ちょっとしたボスクラスの強敵など、一回あたりの戦闘・殴り感は高めになっています。

草刈りゲーと揶揄される無双系アクションなんですけれども、本作は数的な密度は劣るものの、大小様々・見た目も様々なモンスターたちがワラワラと出てくるので、爽快感が落ちるということもないです。 というか、無双とはまた違う心地よさ・楽しさがあるので、そういう意味でも「ドラクエ無双」とは言い切れない印象です。 これがDQHなのだと。

タワーディフェンス的な戦闘というのは、なにかの建物であったり、逃げ遅れた一般人などを守りぬくというもの。 とはいってもとにかく大量の、時には強敵複数体が四方から攻め寄せてくることもあります。 なので、考えなしに戦っていたのでは守り切るのは難しいです。

そこで重要なのがルーラとモンスターコイン。 前者はおなじみの呪文で、本作でもルーラできるポイントを調べておけばいつでも飛んで行くことができます。 後者のモンスターコインは使いきりのものと、その場に留まって戦ってくれるものがありますので、通路をふさいでもらって敵の侵攻を妨害できます。

どこに・どのモンスターを・いつ置くか、などの思考要素もあったりしますので、脳死ゲーになっていないのもGoodですね。

そしてボス戦闘は、その名の通りボスとの戦いです。 半イベント戦闘的なものも含まれますが、基本的にはかなり強めのバランスになっています。 それゆえ、ボスの動きや特性・弱点などを見極めて、対処していくというアクションゲームさながらのデザインと言えましょう。

まおうのつかい キラーマジンガ

ヘルバトラー

キングヒドラ

キャラ選定は天空編に偏っていましたが、ボスの方は初代のドラゴンやスクリーンショットにもあるキングヒドラなど、ロト編からも選ばれています。 もちろんBGMも懐かしいものが多いので、気分も盛り上がります!

本家だとどのくらいの大きさかイメージのわかなかった敵が、本来はこんなにデカかったのか! そんな敵を軽々倒していた勇者たちめっちゃつえー!! とかいう新鮮味もありますので、ファンサービス的な側面もあるかと。

DQは遊んでいるけれど、アクション(RPG)はあまり遊ばない・得意ではないという人もそれなりにいるかとは思います。 そして、そういう人にとっては難易度が高く感じる箇所も結構あるかもしれません。 レベルを上げるだけではどうにもならない部分もあるわけですが、しっかりと対策をとって挑戦していけばクリアできる絶妙な難易度になっているので、DQファンの人は是非プレイしてほしいですね。

もちろん、ARPGに慣れた人向けの高難易度コンテンツも用意されていて、レベルMAXでも瞬殺されるようなクラスの隠しボスもいるようです。 間口はかなり広いゲームなのではないかと思います。

ストーリーはやや凡庸、BGMはやはり秀逸

さて、ゲームシステムについてはこの辺にして、ストーリーなどにも言及しておきます。

ストーリーは、それまで人間も魔物も仲良く暮らしていた世界で、突如魔物が人間に牙を向いたところから始まります。 魔物が突然凶暴になった原因を探り、なんとか元に戻そうとする過程で、異世界から召喚されたDQ過去作のキャラと出会い、諸悪の根源に立ち向かう……というもの。

正直なところ、特によくも悪くもない(そして終盤でご都合主義的展開もあったり)印象ですが、かなり無難にまとまってはいると思います。 メインのゲームプレイが楽しくて気にならなかったという向きもあろうかとは思いますが、悪目立ちしない印象かと。

今にすると、もろもろの部分で疑問が残ったりしないでもないんですが、今回はお祭りゲーに近いものでもあるんで、悪印象は持ちませんでした。 とか言いながら、エンディングではこみ上げるものもあって、涙もろくなったなぁと思ったりなんだり。 エンディングの内容というより、DQに対する思い入れのせいかもしれませんけれども。

一方で、BGMの方は過去作アレンジが大半を占めますが、本作向けに撮り下ろされたオーケストラアレンジは今回も秀逸。 人気の高い楽曲の数々が、ここぞ!で使われるので、懐かしさとともにテンションも上がるというものです! 早くもサントラが欲しいなぁと思うレベル。

音周りでは、声優陣による熱演も見どころ。 はじめてDQに声がつくということで、イメージ崩壊を危惧する声も多くありましたが、ゲーム中で聞いてみると、これがなかなかいいもんで。 ゼシカはイメージよりちょっと声が幼いかな?と思わないでもなかったですが、違和感と呼べる程でもないですし、すぐに慣れました。

また、今回のメインキャラであるアクト・メーアの二名は俳優を起用しています。 非声優を起用してアレなことになった前例は数知れずですが、こちらもまたかなり頑張っています。

ちょっとメーアの方はキツイ面もありますけれども、悲惨なことになっている前例と比較すると全然マシです。 というか声質がイイ。 一方のアクトは相当いい演技をしています。 比較的低めの落ち着いた声質で、こちらもいい感じです。 口癖の「俺のカンペキな作戦」は、つまるところ「めいれいさせろ」なのでしょう。

※ちなみに、メインにする主人公は男女どちらを選んでも内容は変わらない、とゲーム開始時に言われますが、実際は一部のセリフやムービーに変化があります。 また、特技の属性も変わったりするので、厳密には「物語の大筋に変わりはない」でしょうか。 凍結させられる分、ややメーアの方が優秀、かも?

そして、敵となるヘルムードの声も歌舞伎役者があてておりますが、こっちもかなり雰囲気が出ていて、「見た目とかキャラはいいのに声がなー本業の人起用してくれてればなー」っとならないのはすごいですね。

もちろん、PS4の性能を活かしたグラフィックもいい感じ。 キャラなどはフィギュアっぽい質感で表現され、ポヨポヨしたスライムや、光り輝くゴールドマンなどなど質感の描き分けも秀逸です。 ムービーシーンではスクエニ主導と思われる、光源処理などにこだわりを感じる美麗なカットが挿入されますし、見た目のリッチさもいいですね。

ホミロン

ホミロンが泣きだすとついもらい泣きしてしまいそうでなぁ……ホミロンかわええ!

ブオーン

光源処理だけでなく、空気感の表現も秀逸。 ここはさすがといったところ。

かなりの良ゲーです

手軽かつ気軽に遊べるデザインでありながら、しっかりと遊びごたえ・歯ごたえのあるボス戦を挟むことで起伏を出し、一本調子になりがちなゲーム進行に変化を出していたりと、かなり丁寧に作られていることがうかがえる良ゲーです。

今後、このクオリティでDQのナンバリングタイトルを遊んでみたいなぁ……と強く思わせてくれるくらいの完成度であり、平均的なクリア時間約30時間ほどの間、ずっとモチベーションも持続できるあたりもポイントでしょう。

ナンバリングもさることながら、このDQHも続編を出してほしいなぁと思っておりますし、一作だけで終わらせるには惜しすぎる作品に仕上がっているので、ぜひともDQM(モンスターズ)のようにスピンオフシリーズとして育てていってくれればなと思います。

っということで、DQファンには嬉しいネタなども楽しめる本作。 ARPGとしての完成度も高いので、気になっているのであれば是非ともプレイしてみて欲しいところです。

最後に、記事中で紹介できなかったスクリーンショットや動画などを掲載しつつ、今回の報告をシメようかと思います。

ビアンカ、レヌール城を思い出す

こういうセリフ、キます。 プレイヤー(私)にとっても懐かしいです。 ああ、またDQ5やりたくなってきた……。

ピサロとピサロナイト

あの人物も登場。 かなりの強敵ですが、勝利すると……。

進化の秘法

グゴゴゴゴ……。

最後に紹介するのは、あるところで偶然撮影された、世にも珍しいキラーマジンガの自殺映像です。 グロ注意、ではないです。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする