こちらで更新継続中。「DARK SOULS III」クリア。 シリーズファン向けの集大成的作品。

「DARK SOULS III」クリア。 シリーズファン向けの集大成的作品。

ダークソウル3 エンディング イメージ

やっと初回クリアと相成りました。 いったい何回死んだのやら……。

初回の記事から基本的にダクソ3三昧だったわけなんですが、とうとうクリアと相成りました。 多少うんざりする場面もあったものの、基本的には楽しく死んでプレイできたかなと。

シリーズファンであればプレイして損はない逸品です。

スポンサーリンク

やはり、どちらかと言うとシリーズ経験者向け。

初回プレイ時の記事「「DARK SOULS III」プレイしてみたよ。 ファンサービスも見られる良作、かな?」でも書いたんですが、シリーズ初心者の人や今作が初プレイという人にとってはとても不親切で厳しいゲームだと思います。

無論、完全に初体験という人でも楽しめないわけではなく、そのチャレンジングな難易度とそれに見合う達成感に魅了されている人もいるんですが、バランス・仕様・ネタどれをとってもシリーズファンに向けて作っているのは明らかです。

シリーズファンと言っても、初代ダクソに留まらず、更にその先代たるデモンズソウルまでカバーしてそうな印象を受けるのは、デモンズからのファンとしては嬉しい限り。 火継ぎの祭祀場は楔の神殿っぽいし、ある場所でデモンズで印象的だった武器が手に入ったり……ダクソシリーズとの繋がりだけでなく、デモンズとの繋がりも強く感じられるのが良かったですね。

プレイフィールは初代ダクソにかなり近く、次いでデモンズっぽい部分も多くあるかなと。 探索すれば良かれ悪かれ何かしら発見があり、それ以上に死がその辺に潜んでいるという緊張感。 一瞬の油断や驕りも許されない雑魚戦。 最初は絶望的でも段階的に勝利に近づいていけそうなボス戦。 単にダークなだけではなく、どこかユーモアをも含んだ世界。

これらはシリーズファンが新作に望んだであろう要素であり、新たにシリーズファンを生むきっかけになりえるシリーズ独特の中毒性にもなっています。

幸い、本シリーズは遡ってプレイしてみても新鮮な気持ちでプレイできる作品群となっています。 可能なのであれば、本作経由で過去作に戻ってみてもいいだろうし、いきなり古い作品から一気に通しプレイをしてみてもいいと思います。 それぞれに個性(と長所短所)がハッキリしているので、ハマれば概ねどの作品も楽しめるのではないかと。

ただし、満点をあげられない部分もやはりある。

個人的にはデモンズソウルが95点、初代ダクソが85点、ダクソ2(PS3)が70点ってな印象なんですが、本作は90点くらいあげてもいいかな、と。 言い換えれば、満点をあげられるゲームではやはりない、とも。

単純に本作のコンセプトなどは人を選ぶというのもありますが、特にダクソシリーズは後半~終盤のレベルデザインが雑になる傾向にあり、本作も例に漏れず後半~終盤に訪れるダンジョンのレベルデザインが粗雑な印象を受けるところもありました。 篝火の数や位置が概ね“大いなる安堵感”をもたらす塩梅なのに対し、一部の篝火は配置的にアレだったり……。

高難易度マップだけではなく、ただただ面倒くさい印象のマップ、うんざりするマップ「というのもある」程度で、トータルで見れば初代ダクソよりも全体的な完成度は高く、まぁ、許容範囲ではあるかもしれません。

また、今回も数の暴力が見受けられるところもあり、マルチプレイ(協力プレイ)前提だったりする……?と思わなくもない場面も結構ありました。 そのため、協力者が一人でもいると劇的に難易度が変わることも多くあります。

とはいえ、見方を変えれば、これは初心者救済措置とも取れるわけで。 完全なヌルゲーにはならずとも、かなり心理的・物理的負担が軽くなるので、不慣れ・苦手なポイントもなんとかかんとか突破していける……そういう意味では、緩やかな緊張感と共闘感を楽しめるオイシイプレイの仕方とも言えるでしょう。

本作ではオンライン経由で見ず知らずの人といっしょに協力プレイをしたり、フレンドと合言葉(パスワード的なもの)でマッチングしたり……の他に、NPCを協力者として呼ぶことが出来ます。

さすがに火力は他プレイヤーの協力者に劣るものの意外とタフで、単純にターゲットを分散してくれるので、被弾リスクを下げたり回復の機会を増やしてくれます。 もっとも、タゲ分散のせいで攻撃を見切りにくくなったり、一人で挑むより辛いボスもいたりするでしょうけど……。

ともあれ、常時協力プレイができるわけではなく、やや限定的ではあるものの、腕に自信がない(けれどもプレイしてみたい)という人でもある程度安心してプレイできるシステムは用意されているので、初心者お断り!なゲームというわけではないのが90点くらいという高得点の理由であります。

楽死(たのし)いよ!

偉そうに言えたことではないんですが、私は飽き性で移り気で浮気症な……端的に言えば積みゲーマーです。 その私が、脇目もふらずにダクソ3に没頭してクリアまで突っ走ったということは、それだけ没頭できる魅力が本作にあることの証明にはならないでしょうか。

クリア時ステータス

クリア時のステータス。 いささかレベルを過剰に上げすぎてしまった感はある……けれども、これでもサクサクと死にます。

敵の強さ、あるいは、自分の弱さや下手さなどに何度もFワードを口にしつつも、でも、強敵を倒したい! 更に先へ進んでもっと探索や絶望をしたい!! という、よくわからん欲求が抑えがたくてですね、ついついプレイしてしまったんです。

そして、その欲求は喜び・達成感という形でちゃんと応えてくれたし、その更に上を、嫌ったらしくなく促してくれるのがなんとも心地よい。 だからこそ、自分のプレイに凹んでも、少しずつ前進して行けたのでしょう。

で、クリアして2周目に突入するだけでは飽きたらず、なんと、第2のキャラも作ってしまいました。

Lunard イメージ

これまでのキャラ・Lupusをベースに手を入れてみた第2キャラのご尊顔。 割と美形にできたんではないかと。 生まれは当然ながら騎士! それ以外はもう怖くて選べない!!

Lunard ステータス

とりあえず最初のボスを倒してレベルアップ。 Lupusの強化・装備方針をベースに、より堅実に・無駄なく育てていく予定。

この第2キャラでどれくらいプレイするかはわかりませんが、もしプラチナトロフィーを狙う気が起きたなら、このキャラで頑張ってみようかなと思っています。 そのくらいには楽しめたし、プレイ熱がまだまだ残っているということですね。

以上から、確かに不親切で理不尽感を感じる部分もあって決して初心者さん・初見さんには優しくないゲームではありますが……それでも、プレイしたい!という意欲をかきたててくれる稀有なゲームだと思います。

ソウルシリーズファンはもちろんのこと、チャレンジングなゲームで大きな達成感を味わいたい方などは、ぜひプレイしてみてくださいね。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『「DARK SOULS III」クリア。 シリーズファン向けの集大成的作品。』へのコメント

  1. 名前:まるお 投稿日:2016/04/07(木) 02:19:15 ID:19bfa7c3f

    やはり、デモンズ強しですなw
    個人的にはシリーズ最高傑作だと思っているので、シリーズの評価的には新作順になるかな。
    まぁぶっちゃけどれも楽しかったんだけどね!

    というか、重厚なロングソード強すぎワロタ
    ワシのクレイモアと同等か、あるいはそれ以上かもしれんな。
    ステ補正は偉大やでぇ…。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2016/04/07(木) 10:34:00 ID:e2ad92452

      どもども!

      まぁ、やっぱり最初の出会いということもあるし……それだけでなく、つい先日改めてデモンズやってみたら、今遊んでも楽しかったんだよね。 もちろん装備変更周りの煩雑さとか、今にするとイマイチな部分も色々あるんだけど、基本の楽しさは既に確立されていたし完成形だったんだなと。

      ダクソ系の中では一番しっくりきたという感じは、ワシもそう思いますわ。 2はいずれPS4の方でリベンジ予定だけど……まぁ、シリーズ通してやってて楽死い作品なのは間違いないね。 デモンズ/ダクソのリマスターとかないかなぁ。

      >クレイモアと同等か、あるいはそれ以上かも

      マジっすか……まぁ、まるおは魔法戦士系ハイブリッドだから、仕方ないとは思うけども。 補正ほんとバカにできませんわ。 理解してなかった頃は全く気にしてなかったけど、一度知るとすげー悩ましいシステムであったりするww