こちらで更新継続中。壁画系ギリシャ神話ACT「Apotheon」をプレイしてみたよ

壁画系ギリシャ神話ACT「Apotheon」をプレイしてみたよ

Apotheon イメージ

ギリシャ神話……暴力と愛欲が入り乱れた、魅惑的な世界設定と雰囲気に、海外ゲームはもちろん国内ゲームでも題材に取り上げることの多い神話ですよね。

本作・Apotheonもまたギリシャ神話をテーマにしているんですが、これまでのギリシャ神話ベースのゲームとは一線を画しています。 それはなんといっても壁画調のビジュアル!

独特なグラフィックと、思いのほか軽快で緊張感のあるアクションが持ち味です。

スポンサーリンク

操作性はいいとはいえないものの、雰囲気たっぷり!

動画を用意したので、ごらんください。

ある程度自由に攻撃方向を指定できる反面、そこが操作性の悪さにもつながっており、慣れるまでは思うように攻撃できずにストレスがたまる可能性もないではないですね。

しかし、そんな不満点を塗りつぶしてしまうような見た目や音響による雰囲気の良さと、歯ごたえと独特の爽快感のあるアクションがいい具合に絡み合っており、いつしかその操作性もひっくるめて夢中になることうけあいです。

ただ、作中の文章や会話が形式ばっていたり、まわりくどかったりして意味がわかりにくい点は注意が必要で、翻訳字幕を作るのに相当疲れ果ててしまったことからも、私のような平均的日本人の英語力ではなかなかストーリーをプレイしながら理解して追っていくのはしんどいかもしれません。

まぁ、普通にプレイしてクリアする分にはそれほど英語力を必要としないので、ただ遊べればいいのであれば気にするところではないと思います。

他にも、若干マップが見にくい気もしないでもないですが、ギリシャ神話やそれにまつわるゲーム・映画の雰囲気が好きな人、そして歯ごたえと爽快感をACTに求める人におすすめです!

ちなみに、本作はSteamで購入可能なほか、北米などではPSNでも配信されています(記事公開段階ではフリープレイ配信中)。 ローカライズされた上で国内配信されてほしいもんですが……。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする