こちらで更新継続中。TGS2015に先駆けた、SCEJAプレスカンファレンスのアーカイブ&適当に感想など。

TGS2015に先駆けた、SCEJAプレスカンファレンスのアーカイブ&適当に感想など。

sceja-tgs2015-pc

個人的には惹かれるタイトルもチラ見せされて、なかなかテンション上がりましたよ!

開催間近のTGS2015に先駆け、SCEJAのプレスカンファレンスが行われました。 未発表タイトルの公開や、PS4の値下げなども発表されましたので、そちらのアーカイブと個人的に気になったタイトルの雑感など。

スポンサーリンク

カンファレンスのアーカイブ映像

見逃した人・もう一度見返したい人はこちらをどうぞ。 24分30秒くらいからが本編です。

個人的に気になったタイトルなど

Bloodborne: The Old Hunters(PS4):


ついにBloodborneの大型DLCが登場!(まだ本編終わらせてないや……) 発売日は2015年11月24日に2000円+税で配信。 伝説の狩人たちの物語が展開するようですね。

また、2015年12月3日には全部入りの「The Old Hunters Edition」が登場し、パッケージ版が5,900円+税、DL版が4,900円+税となるようです。

そろそろ本気出して崩すか……!

GRAVITY DAZE(PS4版) / GRAVITY DAZE 2(PS4):


重力アクションゲームGRAVITY DAZEのPS4版が2015年12月10日発売。 パッケージ版が5,900円+税、DL版が4,900円+税で早期購入特典としてPS4テーマが同梱。

また同日にはヒロインであるキトゥンのfigma付き限定版もリリース。 こちらにも通常版と同様のテーマが付属するほか、フィギュア用の背景台紙、そしてポストカードが付属するようです。 数量限定の上、生産数はそれほど多くないようなので気になる方はお早めに。

そしてGRAVITY DAZE 2は2016年の発売を予定。 動画中では二人で戦っている様子が映し出されていますが、マルチプレイ対応なのかどうかは現時点では不明です。 ただ、世界の美しさや広大さは期待が膨らみますね! 重力的目眩完結編ということで、今回が完結編なのでしょうか。

討鬼伝 2(PS4/PS3/PS Vita):


個人的に嬉しいサプライズタイトルでした!

本作はオープンワールドを採用するとのことですが、イメージとしてはGOD EATERのようなエリア区分のない戦場で戦うことになる……のでしょうかね?

なんでもかんでもオープンワールドにすればいいというものではないので、その広大なフィールドをうまく使ってくれることを期待したいです。

というかなんでまたPS3も対応なんでしょうかね……大人の事情があるんでしょうけれど、なんとかPS4版は納得行くクオリティで仕上げて欲しいです。

こちらは2016年発売予定。

仁王(PS4):

「THE 戦国死にゲー」を標榜する苦節十年の末に再び発表された仁王。

トレーラーから受けた印象は「和風ダークソウル」といったところですが、和風モンハンとしての討鬼伝の成功例もあるので、こちらにも期待です。 敵は妖怪モチーフっぽいので、コエテク的解釈にも注目。

2016年に登場する予定です。

いけにえと雪のセツナ(PS4/PS Vita)


Project SETSUNAあらため、いけにえと雪のセツナ。

インゲーム映像初公開ということで、思ったほど古きよきJRPG的なアピールはされていないような気もしますが、なんとなく雰囲気は好きそうなのでチェックしておきたいところです。

2016年の早いうちに登場するっぽいです。

十三機兵防衛圏(PS4/PS Vita)


ATLUS×ヴァニラウェア最新作!

ゲームの内容・方向性は不明ながら、従来のようなファンタジー系ではなく、退廃感の感じるごく近い未来的な世界でのお話のようですね。 曲の感じは攻殻機動隊SACなんかを彷彿とします。

雰囲気良好、要注目な作品です。 発売時期などは一切不明です。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(PS4/PS3/PS Vita)


DQ×マイクラ的なビジュアルが話題となった本作のトレーラーですね。

街づくりも単にブロックで街を作るだけでなく、街発展シム的要素もあるとかないとかなので、そちら方面にも期待しています。

2016年1月28日発売予定です。 お、意外とすぐ遊べそう……!

その他発表など

  • 2015年10月1日より、PS4本体が34,980円に値下げ(元が39,980だったので5,000円の値下げ)。
  • Project Morpheusが正式名称「PlayStation VR」に決定。
  • 2015年9月16日より、PlayStation Nowのβテストが開始。 全ユーザー向けに150タイトルを用意。 200円+税~のレンタルサービスと、1ヶ月2,315円+税・3ヶ月5,463円+税の定額制サービスが存在。

なども併せて発表され、公式ストアではPS4の着せ替えグッズやPS Vita・DUALSHOCK4の新カラーなども発表されていました。

とりあえずサマーレッスンをやってみたいし、PlayStation Nowもラインナップ次第では試してみたいところです。

TGS2015本開催での続報・新情報にも期待したいですね。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク