こちらで更新継続中。PS4のShare機能で録画したファイル移動にはコレ!「SanDisk Extreme USB3.0」

PS4のShare機能で録画したファイル移動にはコレ!「SanDisk Extreme USB3.0」

SanDisk Extreme

PS4の魅力のひとつといえば、Share機能によるプレイ動画の録画機能。 いいプレイができた時、面白い映像が見れた時などに動画を保存してYoutubeなどにアップロードし、公開できたりする機能です。

当ブログでも、プレイしたゲームの紹介を兼ねて細々と動画を公開しているんですが、PCで編集するためにPS4から動画を持ってくるのが結構面倒くさいんです。 というのも、録画した動画ファイルのコピーが遅い!

どうにかならんかなぁと悩んでいたところ「SanDisk Extreme USB3.0」という製品がめちゃくちゃ速いということを知りまして買ってみたのですが……いやはや、予想以上の速さでした。

スポンサーリンク

もう他のUSBフラッシュメモリには戻れない。 本当に超高速!

今回は「SanDisk Extreme USB3.0」の速さをお伝えしたいわけなんですけれども、残念ながらコピー画面の撮影をできるようなマトモな環境がありません。 ので、テキスト主体での解説になることをご承知ください。

さてさて、「SanDisk Extreme USB3.0」の速さを実感するために、ちょっとした(手抜き)比較実験を行ってみることにしました。 手持ちの3種類のUSBフラッシュメモリで、同じ動画のコピーを試行。 コピーにどれくらい時間がかかるかを見てみることにしました。

比較する手持ちのUSBフラッシュメモリは、

  1. 7年モノのUSB2.0な某A社フラッシュメモリ(1GB)
  2. 割と最近買ったばかりのUSB3.0対応な某B社フラッシュメモリ(8GB)
  3. 今回新たに購入したSanDisk Extreme USB3.0(16GB)

となっております。 動画ファイルは15分弱の長さで、700MBほどのファイルサイズでした。 これを、それぞれのUSBフラッシュメモリにコピーしてみます。

まずは、もうキャップのツメもユルユルで、ちょっとエラーも多くなってきてそろそろ寿命感漂う、USB2.0時代の某A社製フラッシュメモリから。

某A社製品の場合

……なんと、15分程度の動画をコピーするのに90分、つまり、1時間半もかかることになります。

おまけに、容量も1GB弱しかないので、15分の動画をひとつコピーしたら、もうあとは数分程度の動画しかコピーできません。 長時間に渡るプレイをコピーしようものなら何時間かかることか。

ええ、まぁ、わかりきってはいたんですが、こんなの待ってられません。 論外です。

続いて、某B社のUSB3.0対応のフラッシュメモリ。

某B社製品の場合

スクリーンショットでは7分となっていますが、この後表示上では4分ほどになり、体感でも数分程度といったところ。 厳密に計測していないのでその辺は曖昧ですが、まぁ、少なくともさっきのボロUSBフラッシュメモリよりははるかに速いです。

これなら待てるレベルかとは思います。 ただ、やっぱり15分の動画を3つも4つもコピーするとなると20分前後はかかってしまいますね。 基本的に短い動画しか録画しない!というのならこの辺でもいいでしょうけれど。

さて、最後はお待ちかね、SanDisk Extreme USB3.0の番です。

SanDisk Extreme USB3.0の場合

……なんと、90秒弱! 要は1分30秒ほど待っておけば15分くらいの動画はコピーできちゃうってことです。 なにこれ速い。

正直、先の某B社製品より1分くらい縮まればいい方だと思っていましたが、まさか2分以内にコピーが終わってしまうとは。

某B社製品も決して遅すぎる製品ではないのです(PS4の書き出しがとりわけ遅いだけで)。 しかし、このSanDisk製品と比較するとこの差は大きいです。 某B社製品が15分の動画をひとつコピーし終える間に、SanDisk製品は数本の動画をコピーできてしまうのですから。

比較する必要も最早ないレベルの差ですが、引退間際の某A社製品がやっとひとつ動画をコピーし終える頃には、数十本の動画をコピーできてしまうことになります。 能率が良くなるどころの話ではないですね。

追記: ベンチマークテストを行ってみました。

コメントにてベンチマークテストのお話が出たので、いまさらですが私の方でもベンチマークテストを行ってみました。

テストを行った製品は記事に出てきた某A社のボロと某B社製品、そしてSanDisk製品の3つ。 いずれもUSB3.0ポートに挿入してのテストです。

テストは某A社のボロの容量の関係で、500MBのデータ読み書きを3回試行するものとしました。 テストに使ったソフトはCrystal Dew Blogにて公開されているCrystalDiskMark 4.0.3(追記時の最新版)となっております。

ベンチマークテスト結果

某A社のボロの悲惨さが際立っておりますが、それはともかく、こうしてみると某B社製品も読み込み(Read)は決して遅くないのがおわかりいただけるはず。

しかしながら、書き込み(Write)に関しては歴然とした差が出ており、ここが先に書いたコピー速度に大きな影響を及ぼしているわけですね。

少々お値段は高めなものの、これからの時間節約を思えば安い買い物です。

今回はひとつのファイルコピーでしか試していないですし厳密に計測もしていないので、場合によってコピー時間は若干の変動はあるかと思います。 しかしながら、誰でも体感できるレベルでコピー時間が短縮されたのは事実です。

また、今回購入した16GBのものでも2,700円と、さすがに同じ容量のものと比べると値段は高いのですが、これくらいの値段でこれからしばらくは大幅に時間短縮できると思えば安いものです。

それに、今回はPS4に焦点を絞って紹介していますが、16GBもあればPC等での日常的使用にも問題なく使えますし、そちらでの時間短縮も期待できます。 なので、PS4に限らずあらゆる用途で活躍してくれることでしょう。

若干幅広なのでPS4のUSB接続口の形状と少し干渉してしまい、挿入がスムーズでない印象は受けるものの、頻繁に録画してPCへ持っていく……というような方は、既にUSB3.0のフラッシュメモリを持っていたとしても、本製品の購入を検討する価値はあるかと思います。

最後に、私が公開している動画ではないのですが、本製品と他製品のコピー時間比較を動画でしているものがあったのでご紹介しておきます。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

『PS4のShare機能で録画したファイル移動にはコレ!「SanDisk Extreme USB3.0」』へのコメント

  1. 名前:まるお 投稿日:2015/04/14(火) 13:02:16 ID:fe2f7ae8f

    1分半はヤバイな(´・ω・`)

    ということでここからポチりますわ(^ω^)

    • 名前:壬生狼 投稿日:2015/04/14(火) 13:55:22 ID:591061281

      あざっす! 今回録画してみたのが2DACTのローグ・レガシーだったので、3Dゲームとかだと同じ録画時間でもファイルサイズが肥大化する=転送時間延びるかもしれんけど、それでも2分前後かと!

      多少延びても圧倒的に速いと思いますわ。

  2. 名前:  投稿日:2015/04/17(金) 18:41:14 ID:239f8aec7

    ベンチなしか・・・ググってきます

    • 名前:壬生狼 投稿日:2015/04/17(金) 19:29:59 ID:805428058

      ごめんなさい、ベンチテストはやらずに体感で書いちゃいました。
      よそのブログになりますが、こちらなんかが詳細にベンチテスト結果を報告してくれていましたよ。

      同じUSB3.0対応でも、こんなに違う!激安vs爆速 USBフラッシュメモリ ベンチマーク対決 – 理想未来はどうなった?
      http://d.hatena.ne.jp/pcmaster/20130304/p1