こちらで更新継続中。次世代な横スクロールSTG「RESOGUN」をプレイしてみたよ

次世代な横スクロールSTG「RESOGUN」をプレイしてみたよ

RESOGUN イメージ

シューターでもなく、ノーコンクリアとか無理っぽい私ですが、それでも割とSTG(シューティング/シューターゲーム)って好きだったりします。 ヒィヒィ言いながら弾や敵をかわして、撃つ。 FPSなんかにも通じる楽しさだと思います。

そんなSTGですが、今あるSTGって弾幕系とか高難易度なものが多いじゃないですか。 なので現在はややニッチなジャンルになっている印象はあるんですけれども、その中でも比較的カジュアルで、見た目もキレイなSTGがRESOGUNです。

次世代STGと賞賛された本作をプレイしてみたのでご紹介などを。

スポンサーリンク

見た目が綺麗で、独特の爽快感があるSTG

へっぽこな私のプレイ動画を用意しましたので、どうぞ。

物理演算を駆使して美しく爆散する敵味方は“ボクセル”という単位で構成されていて、これは“Volume”と“Pixel”のかばん語なのだとか。 てっきりBoxとPixelでBoxelかと思ったけど、Voxelなのね。

それはともかく、この今風ともレトロ風ともつかないモデリングが魅力的で、効果音の良さと見事にマッチして独特の爽快感を生んでいます。 STGってこの撃って敵を倒すことによる爽快感も大事で、それが没入感とかリプレイにつながると思うんです。 その点、このRESOGUNはボリューム(と価格)は抑えめながら、なんだかんだ細く長く遊んでしまうんですよね。

また、遊びやすさとバランス調整の行き届いた難易度も好印象。 前述のとおり私はシューターといえるほどSTGを遊んでいるわけでもないし、決してうまくはないんですが、それでも楽しめて失敗しつつもちゃんとクリアできるのがいいところです。 初見お断りでクリアなんてさせねーよ的なSTGが多い中、本作はちゃんとSTGの魅力をおさえつつも間口を広くとってくれています。

一方で、難易度を上げれば相応の難しさになり、敵の種類も数も増えててんやわんやに。 しかし、難易度間は徐々にステップアップしていける落差になっていて、「Easyをそれなりに楽にプレイできるようになったのでNormalにいってみたら全く歯がたたない!」ということもないので、順当に上達していけるのも○。

惜しむらくはその美しさと派手さの代償として、慣れるまではちょっと視認性が悪く感じる場合があることと、長時間プレイに向かない(結構目が疲れる)ことですかね。 もっとも、ドップリと長時間没頭して遊ぶタイプのゲームでもないと思うので、ちょこちょこ遊ぶ分には問題ないといえるかもしれません。

STGはRPGなどとは違って味わい深いストーリーがあるわけでもないので、STGに興味がない人には全くアピールできないタイプのゲームだとは思いますが、STGが嫌いというわけでもないのであれば、本作は遊んでみてほしい作品です。 もしかしたら、STGに興味がわくきっかけになってくれるかもしれません。

ちなみに新モードを追加する有料DLCなんかも配信されているので、気に入ったらそちらも遊んでみると、また違った楽しさが見えてくるでしょう。 結構オススメです。

RESOGUN™ | PlayStation®Store 日本

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク