こちらで更新継続中。良曲STGのSaviors(Star Saviors)をプレイしてみたよ。

良曲STGのSaviors(Star Saviors)をプレイしてみたよ。

(Star) Saviors イメージ

ゲーム本体よりお高いOSTを買う価値は(個人的には)おおいにあると思う!

割とオーソドックスで地味な縦スクロールSTGながら、良曲ばかりのBGMとそこそこ爽快感のあるプレイが好印象な(Star)Saviorsをご紹介。

スポンサーリンク

とにかく曲がイイ! ここ重要。

字幕解説付きへっぽこプレイ動画を用意したのでどうぞ。

割とSTGとしてはスローペースな部類だと思いますし、一撃死しないなどSTG初心者向けなのかもしれませんが、何を隠そうSTG歴の短い初心者の私には決してヌルいわけでもなく、程よい感じかなと。 熟練プレイヤーにはヌルいかもですが、難易度を上げるとかなり弾速が速くなる感じがします。

本作の魅力としては、ストーリーモードにおける自機カスタマイズ要素。 スコアによってレベルを上げてPerk(能力)を獲得したり、徐々にアンロックされるメイン・サブウェポンのなかから自分なりのベストな組み合わせを模索する……など、ちょっとRPGライクな要素が特徴的です。

ゲームプレイ部分では、ほどよいユルさと緊張感がありつつ、ちゃんと飴と鞭が使い分けられている印象。 キツいところはほどほどにタイトに、敵をバカスカ倒せるシーンではそれなりに爽快感も味わえる感じ。

で! なんといってもですね、曲がいいんですよ、本作。

通常マップでもノリや雰囲気がいい曲が多く、ボス戦ではクワイアとギターがクサくて最高なクサメタルが流れるんです。 特に後者はメタルが好きな私には最高のご褒美! テンション上がりますよ!!

本体90円、OST98円となぜだかOSTのほうが高い本作ですが、両方まとめて買っても200円くらい。 プレイの内容を見ても、非常にコスパがいいんじゃないかと思います。

ご興味がある方は、是非お試しくださいね。

サムネイルやゲーム画面では本作はSaviorsというタイトルなんですが、Steamストアページやライブラリ内ではStar Saviorsとなっているように、ゲームタイトルの表記ブレがあります。 実際どっちが正式名称(ということになっている)なのかわかりません……。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク