こちらで更新継続中。「PS4で復帰した初心者」が見たPSO2の世界は、気楽でいて没頭できる場所だった。

「PS4で復帰した初心者」が見たPSO2の世界は、気楽でいて没頭できる場所だった。

PSO2 イメージ

βテストでの感触などが良好だっただけでなく、PS4での復帰自体も元々考えていたこともあってここ数日はずっとPSO2(ファンタシースターオンライン2)をプレイしていたんですがね。

まぁ、想像以上にはハマっております。

まだまだわからんことも多いんですが、はじめたばかりの初心者に近い目線で色々とPSO2の印象など書いてみようかと。

スポンサーリンク

前提: 挫折・放置を繰り返しつつ復帰した「新米ではない初心者」です。

私はPSO2正式サービス開始後のEP1くらいから触っていたんですが、だいたいレベル20前後で飽きちゃって挫折・放置→しばらく経ってから新規キャラで心機一転して再開→再び投げる……を繰り返してきた、新米ではないけれどもベテランでもないプレイヤーです。

つまり、アカウントの経年数だけ考えると古参ですが、プレイ経歴自体は非常に浅いので、知識や経験に関しては完全に初心者です。

それゆえ、この記事ではあくまでもPS4版でまともにPSO2と向かい合って、プレイしてみた初心者としての視点で書いてみようかと思います。

ハック・アンド・スラッシュと自キャラを愛でることこそ魅力!

乱暴に言ってしまえば、本作の魅力はハック・アンド・スラッシュなゲームプレイ部分と、自キャラを愛でる環境の充実だと思います。

とりあえず、適当に録画したプレイ動画をば。

本作はMOタイプのARPGで、4~12人程度でクエストに挑戦していくタイプのゲームです。 常時膨大な数のプレイヤーと世界を共有するMMOとは違い、モンハンなどにもそのマッチング仕様が引き継がれている、クエスト受注・達成で進行するタイプのゲームです。

MMOは独特な空気の楽しさというかノリもあるっちゃあるんですが、その性質上、気分屋で単独行動が好きな私のような人間にはいささか面倒くさい(何かやるにしてもパーティー必須とかよくある)というか、だいたいどこかでドロップアウトしてしまう要素が多いのです。

ところが、MOタイプのものにはソロでも多少キツくてもひととおり遊べるものもあって、本作もまたそうしたゲームなんですよね。 しかも、色んな意味で寛容な作りになっていて気楽だったり。

クエスト一覧

不定期に発生する「緊急クエスト」のような一部高難易度クエストを除けば、ほとんどはNPCも連れていくことができ、ソロ攻略も十分可能。

プレイ感覚としてはオンラインゲームというよりはオンライン要素のあるゲームの延長といった印象で、各クエストの大半にはNPCなどを連れていけるなど、(意義・是非はともかく)他者と関わりを持たなくてもゲームとしては楽しめちゃう作りになっています。

ゲーム性はハック・アンド・スラッシュ……いわゆるハクスラと言ってよいでしょう。

私の好きなDiabloライクゲーほどには、アイテムやお金がドサー!ガバー!ブワー!とは出ないので気持ちよさが物足りないといえば物足りないし、レア出現演出も控えめな印象はありますが、それでも満足です。

ボーナスクエストという“うまみ”を凝縮したクエストも、挑戦権が限定的とはいえ用意されているのも個人的には嬉しいですね。

レア・強武器の収集や自キャラの育成をしてより難しいクエストに挑戦し、更に強い装備を得たりして、もっと先を目指す……戦闘やキャラ育成に長じているゲーム性であり、Diabloライクと言えなくもないので。

アイテム

いい武器を拾って、更にそれを強化して……。 武器の変更サイクルは頻繁ですが、それもまた心地よかったりもします。

スキル

キャラはレベルアップだけでなく、スキルの習得でも強化可能。 スキルの習得・配分だけでなく、サブクラスまで見越すと本当に悩ましいです。

ゲーム性は、まぁ、長期放置期間中に様々なゲームに触れることで好みへと変化していった部分もあるんですが、今改めてやってみると本当に気楽で楽しい。

ネトゲではありがちな、「これをやらないとすると他にやることがない」とか、「半ば強制的にプレイしなければならないと押し付けられる」とか……そういうことがないんですよね。

やりたくないことはやらなくてもいいし、一方で、色々と“やりたくさせてくれる”いい促し方をしているなぁと。

ロボットに登場して馬鹿デカい敵と戦ったり、歌モノBGMをバックにマップを駆け巡れる爽快感のある東京マップがあったりと、客観的には支離滅裂というかカオスな感じも、楽しさの幅として抱え込んでしまえる懐の深さないし広さも強みでしょうね。

そうした作りと土壌が、気楽で寛容な印象を持たせてくれるし、F2Pにはつきものの課金要素もだいぶ良心的。 無料でもかなり遊べるっていうのは偽りではなく、むしろ課金もやぶさかではないくらいの遊び心地を提供してくれています。

ゲーム性は面倒くさがり屋で移り気な私にはちょうどいいユルさと没頭感があって魅力を感じましたが、本作の魅力はそれだけじゃありません。

アプデで美しくなった景観や、自キャラ愛を満たしてくれる環境も特筆すべきでしょう。

PS4版のサービス後にPC版にも実装された簡易設定6により、画質が大幅にアップ。

これまではのっぺりとしていた印象が強かったのですが、今回のアプデ等によりシェーディングが大幅強化され、質感などがかなり良質に。 見慣れた初期コスチュームなどでも、ガラッと印象が変わるものも多かったように思います。

火山

個人的に火山の岩の質感や全体的な色味も大好きです。

動画で訪れている海岸マップなどは見た目にとても華やかで美しく、その他のエリアもそれぞれのシェーディングなどにより雰囲気が向上。 F2Pとしては相当満足いくグラフィックレベルになっていると思います。

当然、景色やコスチュームなどのモノだけでなく、キャラクター自身も美しくなっています。

マイルーム

マイルームに籠もって、自キャラを眺め倒すのも一興。

個人感としてはPSO2は自キャラ愛を育みやすい環境になっていると思っていて、それはコスチュームやアクセサリの種類の豊富さや、キャラメイク時の外観の設定幅などからもそう感じます。

他プレイヤーのキャラを見る機会も当然多いんですが、本当に多種多様なキャラがそこかしこにいるわけで。 ああ、この人はこういう感じが好きなんだなぁ、とか、面白いキャラもいるなぁ、とか、個々人の趣味趣向や狙いどころが良くも悪くもストレートに濃縮して表出する気がします。

だからこそ個性が出しやすいし、こだわりの自キャラ愛は他のMO/MMOに比べても頭一つ以上抜きん出て強まる傾向にあるんじゃないかなと。

私ですか? ええ、もちろん自キャラ大好きですよ。

……思えば、私は長らく「日本人向けの……厳密に言えば、美少女キャラでDiabloライクなハクスラARPGがあればなぁ」と言い・思い・求めてきたのですが、なんだ、すぐ近くにあったんじゃないかと。

自分で自分ごのみに作り上げたキャラを強くして悦に浸る……それでいて、必ずしもハードコアに遊ばなくてもいいというユルさ。

周りについていけなくても(ついていく必要すらないけど)、ソロでも楽しめる設計。 私にはとてもマッチしているゲームです。

今から始めるには学習は必要不可欠。 ただし、フォローアップもそれなりに充実。

EP4……つまりは大型アップデートシーズン4にも突入したこともあり、コンテンツだけでなくシステム周りも膨大かつ複雑になっています……実際はどうかはともかく、少なくともまっさらな状態で始めると、なにがなにやらわからない!となるんじゃないかと。

本作で基本プレイ無料ということもあって……あるいは、アニメを見たとかではじめてオンラインゲームをプレイする場合は、まず自由度の高さと入り組んだシステムに面食らう可能性があります。

実際私も最近になって理解できたモノがあったり、今もなんだかイマイチ理解できてないものもあったりします。 まぁ、それでも割と遊べてしまうのがいいところかもしれませんがね。

しかしそうした参入に関わる部分の難易度の高さというのは、開発側も認識はしているようで、様々な形でフォローアップしようとは思っているようです。

アークスロード

目標を達成していくとご褒美ももらえるアークスロードは、楽しく基本的な遊び方を学べてGood。

はじめて施設やシステムを利用しようとするとポップアップでチュートリアルが表示されますし、それ以外にも操作まわりの練習クエストがあったり、アークスロードなんていうものもあります。

特にアークスロードは理想的なチュートリアルシステムで、実際に施設を巡ったりクエストやクライアントオーダー(NPCの依頼)の達成をしていくと、ご褒美ももらえるシステムです。

ここでもらえるご褒美は、割と序盤では高性能な防具があったりもして、楽しんだりキャラ強化のサポートを受けつつ、基本的なゲームプレイを学ぶことができるんです。 退屈に感じず「ちゃんとやろう!」と思えるので、新規さんは是非ともこれに沿って遊んでみてほしいところ。

とはいえ、やはり膨大な情報などを取り扱うことになるオンラインゲームですから、こうしたチュートリアルでも網羅しきれないんです。 決してチュートリアルが充実していないのではなくて、ゲームを構成する要素が多すぎるんです。

まぁその辺は、Wiki等を参照して調べるなり、先行プレイヤーに意見を仰ぐなどしていくことで補っていく必要があるでしょうね。 それも含めてオンラインゲーム、なのかなと。

ストーリーもそれなりに面白い・気にさせてくれる。

ネトゲにストーリーは蛇足という声もちらほら聞こえるわけですが、ないよりあったほうがいいのは当たり前の話。 ただし、それがプレイ意欲に補正をかけられるのであれば――ですが。

その点に関して本作はストーリーもそこそこ充実。 ひととおり見たのはEP4の部分であり、EP1~3はまだ全然進めていないのですが、そんな状態でも問題なくEP4部分も楽しめました。

つきなみな言い方をすれば「ほどよく先が気になる」感じに作られていて、ほんのりとエピソードアップデートを待ちたくなるようには物語を引っ張っているかなと。

余談ながら、アニメ版PSO2とリンクする部分もあったりして、マルチなメディア展開も概ね成功しているのかな~とか思ったり。

全12話の、地球を舞台にしたオリジナルストーリーが展開するアニメが放送されていました。 設定などはEP4と共通する部分があり、一部のゲーム中の登場人物も登場したりしています。 演出や“間”は一昔前のアニメを思わせますが、ゲームをプレイしているとより楽しめる感じ。 ただ、主人公のイツキくんは最後まで好きになれんかった……声もキャラも……。

現状はShip7(ギョーフ)をメインに、Ship5(ラグズ)をサブにプレイ中。

本作では無料の範囲でも全Ship(サーバーのこと)で3体までキャラクターを作成できます。 有料アイテムを購入すれば更に増やせますが、正直、3体も枠があれば必要十分な気もします。

で、私は最初はShip5のラグズをメインにプレイしたり引退したりをしていたんですが、諸々の環境や状況の変化により今はShip7のギョーフをメインとしています。

ルプス イメージ1

Ship7在住のメインキャラ・ルプスさん。

ルプス イメージ2

ルプス イメージ3

カタナが使いたかったというのもあり、種族は攻撃的なデューマンにして、クラスはブレイバーをメインクラスに、防御面を補うためにハンターをサブクラスにしてプレイ中です。 最近はバウンサーやサモナーもちょっと気になってたり。

デューマンは攻撃力が高く、耐久度に劣る種族。 他にもヒューマン(平均的)、キャスト(前衛・中衛向き)、ニューマン(後衛・魔職向き)といった種族がいます。 クラス(職業)も多様なものがあり、種族もクラスも合ったものを選んでもいいし、好みで選んでもいいでしょう。

火力は(基本ソロなので比較対象に乏しいですが)ほどほどに出せている気がしますし、安全性を求めてハンターのスキルは防御寄りのものを取得しています。 あんまりプレイヤースキルには自信ないしね……。

そして、元はメインShipだったラグズのほうは、

ルナール イメージ1

Ship5在住のルナールさん。

ルナール イメージ2

ルナール イメージ3

こんな感じで、やはり種族はデューマン。 こちらもブレイバーなんですが、同じクラスというのもアレなので、何か別のクラスにしようかなと画策中。

どちらのキャラも納得いくまでいじり倒して作ったので、自分なりには満足した……つもりなんですが、やっぱり気になる部分とかあったりして、エステ(エステで有料/無料アイテムを消費すると外見を再編集できます)にまた行きたいなぁとか思っております。

あと、ロリっぽいキャラばかりなので、3体目をちょっと年齢を引き上げたキャラとして作ろうかなぁ、とか。 キャスト♀あたりを増員しようかと思っております。

そんなこんなで全キャラ育成は時間的にも体力的にも気力的にも厳しいですが、気分転換とか、単に自キャラを愛でるために作るのも大いにアリだと思うんで、無料3枠をフルに使って色々やってみるのもいいでしょう。

3枠だけは作成や削除をしても常に残り続けます。 ただし、有料アイテムを購入して追加したキャラクター作成権は、その作成権で作ったキャラ削除をしても戻ってこない(再度購入の必要がある)ので注意。

2016/05/10追記: その後、大幅なイメージ刷新をいたしました。

記事公開後、なんだかんだでShip7をメイン艦に据えるということで、キャラを1体追加しつつ、既存キャラのイメージ・デザイン刷新も行いました。

まず、メインキャラのルプスさん。
ルプス ver.2
彼女が一番様変わりしたんではないかと。 想定の年齢が上がり、メガネも撤去。 クールな武人感が多少でも出ていればいいなぁ……みたいな。

お次はルナールさん。
ルナール ver.2
ほとんどベースは変わりませんが、メガネと制服はこちらへ移行。 クラスも法撃系メインということにしました。 性格悪いロリ系を目指したものの、まぁ、難しいッスよね……。

最後は新規追加のメキナさん。
メキナ
彼女はキャスト枠ということで、クラスはバウンサー……なんですが、まぁ、レンジャーとかも似合いそうなのでかじらせようかなと。

とりあえず、しばらくはこの3キャラ体制でマイペースに遊んでいければなと。 いい具合にキャラ属性分散できたし、満足です。

友達招待というものが本作にもありまして。

この項はちょっと宣伝みたいなものになっちゃうんですが、本作にも友達招待制度があります。

内容としては、IDを入力してプレイをはじめると、新規さんのほうが一定レベルに達するごとに「アークスバッヂ青」というものがもらえるというもの。

この「アークスバッヂ青」は、バッヂの交換ショップにてアクセサリや武器迷彩(武器の性能はそのままに、見た目だけ変えるアイテム)、取得できる経験値やお金を増やしたりレアドロップ率を高められる便利な消耗品と交換できます。

これはキャラ作成時に入力するものなので、もしこの記事を読んでいて始めようかと思う方のなかで、Ship5かShip7でプレイをしようと思う方は以下をお使いいただければ幸いです。

プレイヤーID:10416797 (これを入力してください)
使えるShip番号(名前): Ship05(ラグズ) もしくは Ship07(ギョーフ)

ちなみに、招待コード/IDを使ったからといって、勝手にフレンド登録されるとかは一切ないですし、お互いに不利益もないです。 また、アイテムは「あればちょっと便利・嬉しい」くらいのものなので、既に友達などがこれらのShip以外でゲームを始めている場合はそちらを優先すべきです。 Ship移動は有料なので注意。

ちなみに、ID入力報告は特に必要ありません! 好き勝手にお使いください。

とりあえずで触ってみるのは大いにアリ。 しっかりと楽しめるタイトルです。

近年ではF2P……というより、国内ではソシャゲのガチャ(有料アイテム・課金)問題が何かと話題になりがちですが、本作は“基本プレイ無料”に違わず、無料でも相当遊べるゲームになっています。

もちろん、より便利・快適にゲームプレイをするためには有料アイテム(プレミアムセットなどのこと、課金装備は存在しない)が必要ですが、それは本作にハマってガッツリやるようになってからでも遅くないです。

というか、本当に絶妙な塩梅で有料アイテムの仕様や料金を組んでいますし、プレイヤーとしてもあまり抵抗なく購入・利用できる(そして使いすぎることもない)のがポイント。 とりあえずやってみて、ハマれそうだったら少額課金から考えてみるのもいいでしょう。

そんなわけで、無課金でもしっかりと楽しめる感じなので、気になっている人はとりあえず触れてみることをオススメします。

私としてはKawaii自キャラのキャラビルドで悩んだり、アイテムルートを楽しめるので満足です。 必要に応じてプレミアムセットを購入して利用しつつ、適当に遊び続けられそうです。 少なくとも、これまでよりはハマっており、続けられる確信がありますね。

PS4を買ったはいいけど、今遊ぶゲームがあまりない方。 PSO2なんてどうでしょうかね? きっと自分の都合にあった気楽プレイと、短時間でも没頭できるプレイとが待っているはずですよ。

(C)SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/


この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク