こちらで更新継続中。壬生狼的Game of the Year 2015

壬生狼的Game of the Year 2015

壬生狼的GOTY イメージ

もう少しで今年も終わりですね。 ということで、一年の締めくくりも兼ねて、今年プレイしたゲームから良かったものをピックアップすべく、私個人のGOTYを選出・公開しておこうかなと。

といっても1タイトルだけポーン!と発表するわけではなく、様々な部門ごとにゲームを選出していくかたちになります。 また、

  • 今年発売のゲームに限らず、あくまでも今年プレイしたゲームの中から選出。
  • 原則、ひとつのゲームにつきひとつの部門受賞ということに。

ってなルールも決めておきます。 では、以下からどうぞ。

スポンサーリンク

ベストゲームプレイ部門: Fallout 4

Fallout4 イメージ

もっともゲームプレイに没頭できた作品ということで、ベストゲームプレイ部門最優秀賞はポストアポカリプスでオープンワールドなFPS/RPG・Fallout 4に決定!

広大で探索欲求をかきたて、満たしてくれる世界で冒険し・戦い・生き延びていく……。 単にゴミ拾いをするだけでも楽しいという、圧倒的没入感が決め手でした。

次点では、Fallout 4と似て非なる圧倒的没入感をもたらしたMetro Redux、遅ればせながら友人らとドップリとハマったMinecraft、離れつつあった心をつなぎとめて熱を再燃させてくれたGOD EATER RESURRECTION、体験版をプレイした直後に買いに走ったCHAOS;CHILDなど。

プレイ記事→「「Fallout4」プレイしてみたよ。 今回も時間泥棒だ……。

ベストシナリオ部門: CHAOS;CHILD

CHAOS;CHILD イメージ

もっともシナリオ・ストーリーを楽しめた作品ということで、ベストシナリオ部門最優秀賞は萌えとグロが渦巻く妄想科学ADV・CHAOS;CHILD!

人を選ぶ要素も多分に含まれるものの、個人的には同社のSTEINS;GATEよりもこっちの方が好きですね。 キャラ、シナリオともに。 遅ればせながら体験版をプレイしてすぐに製品版を買いに走ったくらいには、シナリオに引きこまれました。

次点ではSTEINS;GATEの正統続編を謳っていたSTEINS;GATE 0が安定して楽しめましたし、独特な空気感と展開や設定などが魅力的なMetro Reduxなども味わい深かったですね。

プレイ記事→「「CHAOS;CHILD」クリアしたよ。 シュタゲに並ぶ作品かも。

ベストビジュアル部門: Metro Redux

METRO REDUX イメージ

もっとも美しい・引き込まれる映像美や素晴らしいキャラデザなどを含む作品として、ベストビジュアル部門最優秀賞はドラマティックなポストアポカリプスFPS・Metro Redux!

ロシアのSF小説を原作とした本作は、荒廃したモスクワを旅していくことになるのですが……その町並みが退廃的ながらも非常に美しい。 超常的な光景などもあり、最新の超絶美麗なグラフィックというわけではないものの、心に残る情景が多数あったので堂々の受賞。

次点として、同じく退廃的で美しく前作から大幅に進化したビジュアルのFallout 4、前作CHAOS;HEADの時より圧倒的にかわいくなったCHAOS;CHILD、質感や色んな意味での再現度が素晴らしいスター・ウォーズ バトルフロントがありました。

プレイ記事→「「Metro Redux」クリア。 圧倒的没入感に浸れる名作。

ベストサウンド部門: RESOGUN

RESOGUN イメージ

もっとも素晴らしいサウンドトラックなどを聞かせてくれた作品として、ベストサウンド部門最優秀賞はボクセル系次世代STG・RESOGUN!

ブレイクビーツなどをはじめとするエレクトロ系ミュージックを基調としたサントラは、どの曲もスルメ曲ばかりで非常にCOOL。 今でも作業用BGMのプレイリストに入っております。

ゲーム中の効果音も心地よい響きのものばかりで、STGにおける効果音……特に敵の撃破音ってすごく大事だよなぁと再認識させてくれたゲームでもあります。

次点として、同じくSTGでインディーズの超マイナー作品の(Star)Saviors。 これは、エレクトロ調だけでなく、クサメタルなボス曲もあって非常に盛り上がりました(ゲーム本編含めてもたったの200円!)。

その他、美しいメインテーマやアンビエント系の曲もいい感じのFallout 4、シリーズ通して曲の方向性が多様でいずれも完成度の高いGOD EATER RESURRECTION及びGOD EATER 2: RAGE BURST、心地良い音色が作業用BGMに最適なEntwined、リラックスできるメゾン・ド・魔王(Unholy Heights)なども良かったですね。

プレイ記事→「次世代な横スクロールSTG「RESOGUN」をプレイしてみたよ

RESOGUN | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

ベストキャラクター部門: 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS 少女達の選択

閃乱カグラEV イメージ

もっとも魅力的なキャラクターを擁していた作品として、ベストキャラクター部門はおっぱいACT・閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS 少女達の選択!

久々に……そして、ここまで大量にお気に入りキャラが出てくるドツボなキャラゲーって、今まで体験してこなかった、というのが選出の理由です。 もうね、だいたいほとんどのキャラが好きです。 まぁ、未来が一番好きなのは不動だがな!!

次点としては、ドツボな有村雛絵をはじめとして良いキャラ揃いなCHAOS;CHILD、ブラッドもエリナも最高ううううう!なGOD EATER 2: RAGE BURSTなどが候補でした。

プレイ記事→「「閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS」クリア。 続編にも期待したいよ。

ベストマルチプレイ部門: Zombie Army Trilogy

Zombie Army Trilogy イメージ

もっともマルチプレイを堪能し没入できたゲームとして、ベストマルチプレイ部門はナチゾンビを撃ちぬいていくTPS・Zombie Army Trilogy!

記事にはしていないし、今後もすることはないし、またプレイすることも多分ないですが……プレイ中もなんだかんだ楽しかったし、クリア後は結構達成感というか疲労感もあったので思い出深かったり。 仕様とかバランス的にはちょっとキツイので特にオススメはしませんが。

次点として、今更引っ張りだしたら楽しめたAge of Empires II: HD Editionや、最近は完全に放置しちゃっているけれども一時はハマりこんだDragon’s Dogma Onlineなど。

ベストインディーズ部門: メゾン・ド・魔王(Unholy Heights)

メゾン・ド・魔王 イメージ

もっとも心に残ったりなにかしら刺激を与えてくれたインディーズタイトルとして、ベストインディーズ部門最優秀賞は、アパート経営タワーディフェンスなメゾン・ド・魔王(Unholy Heights)!

見た目の可愛らしさ、それに反する意外とブラックなユーモア、楽曲の出来、そもそものコンセプトである「魔王によるアパート経営シム+タワーディフェンスゲーム」のシュールさが決め手でした。

次点として、う○こをブリブリしながら恐竜が闊歩する島でサバイバルを繰り広げるARK: Survival Evolvedや、アホみたいにクリックしたり放置し続けるほどハマった(?)Clicker Heroes、タワーディフェンス+FPSでシステムもバランスもいい感じだったSanctum及び同作2なども良かったです。

まぁ、他にもSteamでは色々な出会いがあったんですが……ろくに記事にしていないので、来年はもうちょっと記事にして行きたいと思います……(小声)。

プレイ記事→「「メゾン・ド・魔王 (Unholy Heights)」をプレイしてみたよ。 キュートでまったりできる良ゲー。

特別賞: デカ盛り 閃乱カグラ

デカ盛り閃乱カグラ イメージ

そして最後は……出来とかは度外視して、もっとも私に強い影響を残して、思い入れもできた作品として、特別賞はおっぱい音ゲー・デカ盛り 閃乱カグラ!

私は元々音ゲーが無理なレベルで苦手だったし、不得意だったんです。 しかし、本作の……閃乱カグラのキャラやおっぱいは、音ゲーを楽しめる・好きになれるきっかけをくれました。 今でも音ゲーは決して得意ではないですが、興味範囲に入る程度には好きになれましたよ。

次点として、もうちょっと遊びたいけど遊ぶべきコンテンツがもうない……となってしまったソードアート・オンライン ロスト・ソング、今一度シリーズの魅力に気づかせてくれて神喰い三昧させられたGOD EATER RESURRECTION、STG熱をもたらしたRESOGUNも候補でした。

プレイ・トロフィーコンプリート記事→「音ゲーセンスがゼロなワシ氏、ついにデカ盛り閃乱カグラのプラチナを獲得。

なんだかんだ豊作だった2015年でした。

というわけで、8部門8作品の発表でした。

今年は新たに好きになるジャンルの開拓がめざましく、それにともなって節操無く様々なジャンルのゲームをプレイできました。 まぁ、記事にしていないということで……つまみぐいというか、ちょっとかじっただけというか、ひととおりプレイまで至らないタイトルも多いですが。

それにしても今回の壬生狼的GOTYのノミネート作品はだいぶかぶる事が多かったうえ、実は甲乙つけがたくて混迷していたりしました。 なんとかかんとかうまくバラけさせて以上のような結果になりましたが、どれもこれもいいゲームばかりでしたよ。

ともあれ、来年も今年のように……いや、それ以上に楽しめて、萌え・燃えられて、世界に浸れて、感動できる、より多くのゲームに出会いたいものです。 年末に選考に悶絶し苦悩するくらいに。

みなさんは今年、どんなゲームに没頭し感動していたんでしょうか。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

『壬生狼的Game of the Year 2015』へのコメント

  1. 名前:ぴけ 投稿日:2015/12/22(火) 18:38:50 ID:4bc4d5f78

    いやはや2015年もいよいよオブ・ザ・デッドですなぁ。と、相変わらず言っててわけがわからんですけどね。

    アタイはみぶさんほど数多くの作品をプレイしていないのでなかなかオブジイヤーを決められませんが、ハマったのはゴッドイーター2作品、スカイリム、ディスオナですかねぇ。こうして思い返すと旧作品が安くなったのでプレイするみたいな感じが多くて、それでもお陰様で随分と楽しめたって感じでした。あざまっす!

    しっかし今年もいろいろな名言が飛び出しましたよねぇw 「ぶむっ」「あずもだん」って去年でしたっけ?w
    「おなしゃ!」とか「ぶりり」「ぼけらすかぃ!」に「あばぶ!」、「俺がリザレクションやぁ!」とか「ぷぇぇぇ砲」・・・まぁみぶさんとプレイしてると言いたい放題で、スルーしそうなくだらないツッコミ所を欠かさず拾っていくプレイスタイルになりますからねぇ・・・おぅふですわぁw 「どぅぴと共にあらんことを!」もあったねぇ・・・ふぅ・・・

    まぁ来年もこんなアタイですが遊んでやっておくれでやすw
    ああ、まだホリデーセールが待っていますわねっ!ゾンビ系のセールに期待してまっす!
    んじゃまた~

    • 名前:壬生狼 投稿日:2015/12/22(火) 19:21:56 ID:b3f0613ad

      どもども、年末・オブ・ザ・デッド2015な感じですな、こんばんは。

      旧作で安いものにも、時間が溶けるほどハマれるゲームも多いですしな。 やれる機会があるんなら、どんどん新旧こだわらずやってみるのがいいかも! 数に関しては……まともにクリアした数で言うと、ワシも大したことないんだけどねww 初回ちょっと触って積むのがデフォなんで……。

      ブムッもアズモダンも昨年という事実……しかしあのへんから連綿と引き継がれた“何か”はあるように思いますわww 通話しながらのプレイだと、本当にくっだらないしょうもないクソゲーでも楽しめるので、こちらとしても感謝しております。 ぶりり。

      来年も積みゲーに押しつぶされそうになりつつも、また何かしら一人で/みんなでやっていこうと思うんで、是非ともおなしゃ!っす!!