こちらで更新継続中。「勇者には休みがない! アドバンスド」のご紹介。 アプリとしてならアリ。

「勇者には休みがない! アドバンスド」のご紹介。 アプリとしてならアリ。

勇者には休みがない! アドバンスド イメージ

iOSやAndroidでリリースされたゲームが、SteamやPS Storeに移植などされることも珍しくないのですが、本作「勇者には休みがない! アドバンスド(原題: Buff Knight Advanced)」もそうした作品です。

ゲーム性としてはシンプルそのもので、アプリとして見れば遊べるものの、正直なところゲーム機やPCで遊ぶほどかというと……? ただ、シンプルな楽しさは味わえます。

スポンサーリンク

シンプルと見るか底が浅いと見るか。

プレイ動画兼紹介動画を用意しましたので、参考までに。

ゲームとしては強制横スクロールRPGといったところで、ギリギリARPGと言えなくもない程度のアクション要素も存在します。

各要素は至極シンプル。 主人公である勇者は自動で画面右方向へ進んでいくので、敵が出てきたら、武器やら魔法やらで攻撃したり、必要があればアイテムを使ったりしていく感じです。

ただ、ゲーム開始直後や、新ステージ到着後はかなり死にまくるバランスになっていて、シンプルとは言えどイージーとも言えない調整がされています。

そうした本編で死なないようにするには、道中で得られるゴールドやジェムを使って、自キャラの能力や装備を強化する必要があります。 経験値やレベルと言った要素はないので、道中でそれらリソースを稼ぐ→死んでショップメニューで強化する→また道中で稼ぐ(少し進む)→死んでショップメニューで強化する……と繰り返して、各ステージのボスを倒して先へ進んでいくわけです。

その過程で得られる、アーティファクトと呼ばれるアクセサリー的な装備の収集要素もあります。 装備の強化などでは補えない部分を補えたりするので、こちらも重要な要素となっています(完全に種類はランダムドロップなので、狙って獲得できませんが)。

ただ、ゲームの前編を通してやれることが全くと言っていいほど変わらない点は、比較的物珍しさやインフレの割合的に楽しめる序盤を超えてしまうと、強いマンネリ感を覚えてしまう原因にもなっています。

他方、単なるステータス強化では勝てないボス戦などもあり、ゲームとして楽しめる部分もあり……美味しいところは美味しいけど、割とすぐ飽きが来てしまう……そんなゲームだと言えます。

音量調整はさせてほしい!

基本的なゲームプレイは前述のように、アプリサイズであれば十分、ゲーム機やPCで遊ぶにはやや不十分なところはあるんですが……それを差し置いての不満点があります。 それは、音量調整の未実装。

テレビだのスピーカーだので直接調整すりゃいいんでしょうけど、ひとつのゲームのためだけに物理的に調整するのも快適とは言えないでしょう。

デフォルトの音量的にBGMもデカけりゃ、チャージ音などもデカいので、多少音量を下げたいところだったんです(動画で音がビビりがちなのはそのせい)が、そうしたオプションはなく、サウンド再生のオンオフしかないのが残念でした。

ただまぁ、そこが唯一の大きな不満点なだけで、それ以外に関しては楽しめたのでいいんですがね。

安価は安価だけど、それでもなお価格相応かは……?

本作はPS Storeで850円、Steamで298円という低価格でリリースされていますが、その価格に見合うかもちょっと怪しいところはあります。 まぁSteamでの価格くらいなら出してもいいと思いますが、1000円弱出して満足できるかというと少し悩ましいところ。

腰を据えてやるほどのものでもないゲーム性ではあるものの、ゲームとしては楽しめる部類なので、ウォレットに多少クレジットが残ってるとかそんな状況であれば、買ってみるのもアリかもしれません。

勇者には休みがない!アドバンスド(PS4) | 公式PlayStation®Store 日本

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク