こちらで更新継続中。Steam | MYTHT

Steam一覧

ぬいぐるみパズル?シミュレーター?な「Plush」をプレイしてみたよ。

Plush イメージ

ぬいぐるみ。 かわいいですよね。 新品のフワフワモコモコもいいし、長年のつきあいでクタッとなった感触もまた愛おしいものです。

そんなぬいぐるみを使った、パズルっぽい自称シミュレーターゲームのPlushをご紹介。 今回はちょっと新たな試みもあるよ!

続きを読む


「Metro Redux」クリア。 圧倒的没入感に浸れる名作。

METRO REDUX イメージ

積みゲー崩しをしましょうということで、長らく積んでいたメトロをプレイしてみることにしたわけなんですがね。 いや~、なんで積んでたんでしょうねこれ。 すっごく面白いじゃないですか!

適度な映画的表現、リアルでありながらどこか幻想的な世界、そこに住まう人間や人間以外の生き物……。 元々が小説を原作としたゲームということでしたが、(原作は読んでいませんが)とてもいい具合に表現できているんじゃないでしょうか。

色んな意味で人を選ぶ作品なのは間違いないですが、魅せられる人はとことん魅せられるシングルFPSにおける名作のひとつだと思います。

続きを読む



アメニモマケズカゼニモマケズ。 ハエゲーの「The Plan」をプレイしてみたよ。

The Plan イメージ

巷には山羊になったり、山になったりできるゲーム(?)が存在しますが、今回ご紹介するThe Planでは「ハエ」になれます。

無料でプレイできるほか、プレイ時間は5分ほどと大変小規模な作品ですが、アーティスティックでハエに感情移入してしまいそうになる本作は唯一無二といえるでしょう。

続きを読む


死にゲーARPG「Rogue Legacy」をプレイしてみたよ

Rogue Legacy イメージ

先祖の屍を越えていけ!

ダークソウルのような高難易度と(死亡を含めた)リプレイ性、悪魔城ドラキュラのような2Dアクションマップ、ダンジョンが自動生成されるローグライクデザイン。

開始早々とにかく死にまくって高速世代交代が展開していく、高難易度ARPGの「Rogue Legacy」をプレイしてみたのでご紹介。

続きを読む


壁画系ギリシャ神話ACT「Apotheon」をプレイしてみたよ

Apotheon イメージ

ギリシャ神話……暴力と愛欲が入り乱れた、魅惑的な世界設定と雰囲気に、海外ゲームはもちろん国内ゲームでも題材に取り上げることの多い神話ですよね。

本作・Apotheonもまたギリシャ神話をテーマにしているんですが、これまでのギリシャ神話ベースのゲームとは一線を画しています。 それはなんといっても壁画調のビジュアル!

独特なグラフィックと、思いのほか軽快で緊張感のあるアクションが持ち味です。

続きを読む


山になれるシミュレーター「Mountain」をプレイしてみたよ

Mountain イメージ

シミュレーターといえば、某ヤギゲーを彷彿とするかもしれませんが、世界は広いもので……もはや生物ですらない、「山」になれるシミュレーターがあるんです。

その名もズバリ「Mountain」。 ワンコインで買えてしまう、アーティスティックなシミュレーターである本作をご紹介。

続きを読む


PS4版「テラリア」の体験版をやってみたよ。 マイクラとは別の魅力はあるけれど、ちょっと物足りないかなぁ

Terraria イメージ

Minecraftのフォロワーの中でも成功したタイトルのひとつ、テラリア(Terraria)。 2Dのサンドボックス系のゲーム(当ブログではアドベンチャーというジャンル区分にしています)っということで、マイクラとは差別化が図られた本作のPS4版が今月発売となります。

マップサイズの拡張がされるという本作の体験版が配信されていたので、実際にプレイできるチュートリアルを遊んでみました。

続きを読む


やっとPS3版「Borderlands 2」を崩したよ。 初代よりずっと楽しい!

ボーダーランズ2 イメージ

先日、「“ボーダーランズ2”と“プリシークエル”を次世代機向けに同梱する日本語版「ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション」の発売が決定 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト」っという報道がされ、最新作「プリシークエル」とともにPS4/Xbox Oneにも移植決定したボーダーランズ(以下、ボダラン)2。

一時期はそのロードの遅さなど全体的なパフォーマンスの悪さに嫌気が差し、安売りされていたSteam版を買ってそちらに逃げるも、序盤で放り出していたわけなんですが、重い腰を上げてPS3版の方をひととおり遊んだのでご紹介。

ストーリーや演出、遊びやすさなど、前作をはるかに超えるクオリティと、相変わらずのバランスがネックだったりと手放しには絶賛できない作品ではあります。

続きを読む


スポンサーリンク
1 2 3 4 5