こちらで更新継続中。PS3版「Borderlands 2」を崩したよ。 初代より楽しい!

やっとPS3版「Borderlands 2」を崩したよ。 初代よりずっと楽しい!

ボーダーランズ2 イメージ

先日、「“ボーダーランズ2”と“プリシークエル”を次世代機向けに同梱する日本語版「ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション」の発売が決定 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト」っという報道がされ、最新作「プリシークエル」とともにPS4/Xbox Oneにも移植決定したボーダーランズ(以下、ボダラン)2。

一時期はそのロードの遅さなど全体的なパフォーマンスの悪さに嫌気が差し、安売りされていたSteam版を買ってそちらに逃げるも、序盤で放り出していたわけなんですが、重い腰を上げてPS3版の方をひととおり遊んだのでご紹介。

ストーリーや演出、遊びやすさなど、前作をはるかに超えるクオリティと、相変わらずのバランスがネックだったりと手放しには絶賛できない作品ではあります。

スポンサーリンク

Borderlandsとは?

ボダランは、トゥーンシェーディングで表現されたイカれたキャラと、オープンワールドっぽいマップ、そしてルーティング・スカベンジング(いわゆるトレハン、アイテム収集のこと)がメインの、FPSタイプのDiabloライクゲームといえます。

おかしな世界で、おかしなキャラクターを使って、おかしな敵と戦い、ランダム生成されるアイテムのうち、より強くよりレアなものを求めて敵を倒しまくる、ハック&スラッシュ(どちらかというとシュートかな)なFPSであります。

独特の世界設定とキャラデザインが持ち味で、正直、パッケージも一般受けしなさそうな感じですが、やってみると面白い典型ですね。

ヒャッハーな世紀末感が好きな方にもアピールすると思います。

他の参考動画(4gamer.net):

あえて先に言おう。 バランスはとれていないと

先に欠点をあげるとすれば、やはりバランスの悪さでしょうか。 といっても、初代ボダラン“よりは”だいぶマシになっていて、具体的に言うとOpportunity(オポチュニティ、物語終盤の舞台)まではバランス良好です。 そしてOpportunity以降と、クリア後推奨なエリア・DLCはバランスがピーキー過ぎてアレです(これは好みによるかな)。

Opportunityは、本作の敵勢力であるHyperion(ハイペリオン)の拠点のひとつで、物語もいよいよ佳境というところなので激戦は予想していましたが……あまりにも無駄に広くて構造がわかりにくいマップと、無駄に高火力&タフなロボットが無限湧きということで相当うんざりします。

ここを境に、とりあえず敵(主にロボット)を大量に出して、Badass(強敵の総称。 強いが、見返りも大きい)も適当に出しまくるというような、初代ボダランにもあったような杜撰なレベルデザイン(マップ構造、敵の数や配置、難易度調整など)に傾倒していきます。

これがボダランだ!というのであれば、私には合わないシリーズなのだということなのでしょうけれども、いちプレイヤーとしては手抜きにしか感じません。 幸い、最終局面に至るまでの道すがらは、前作のような無駄な遠路&大量の敵というやる気を喪失させるものではなかったですが、それでもうんざりポイントは多々。

また、本編はレベル30ほどがクリア指標なんですけれども、レベル30以降になると敵の火力・タフさは跳ね上がり、一撃でシールド破壊&瀕死ということも増えてきます。 こちらの攻撃はレベル差補正で目に見えて有効性が下がるので、スラグ属性でスラグ化(ダメージ増加効果)→有効属性でクリティカル狙い……としないと大量の敵を捌ききれません。

まぁ、ふたり以上でギャーギャー遊ぶにはこれくらいの方がスリルもあって楽しいんでしょうけれども、ソロで遊ぶ分にはちょっとピーキー過ぎてストレスを感じる場面もしばしば。 やっぱりみんなでワイワイやってくれよ、っということなんでしょうかね。

一応、体力がなくなっても「セカンドウィンド」というシステムが発動し、ADS(サイト・スコープを覗く)ができないという制限付きで猶予が与えられます。 その間に敵を一人でも倒せれば復活できるんですが……レベル30以降だとそう簡単に倒れてくれないので、実際にはマルチプレイでの蘇生を前提としているバランスと言えましょう。

でも、なんだかんだ言いながらもクリアしているあたり“楽しい”んだよね

なんだかんだ「Sxxt!」「WTF!?」だのと文句言いながらもクリアして、ひととおり遊んだということは“楽しかった”に違いないんですよね。 積みゲーの未消化率がヤバイので、つまらん・続けられそうにないゲームは早期に切ることにしたんですが、切らずに遊んだわけですから。

さて、そんな私が実際にプレイしたのは、ボダラン2のGOTYエディション。 ボダラン2本編に、DLCとして配信されていたものを色々とセットにしたものです。 全DLC入りの完全版というわけではないところだけは注意。 まぁ、このパッケージだけでも相当遊べるんで、問題はないんですがね。

では次項から本編と各DLCについて書いていきます。

本編: 前作よりも面白い。 敵が濃いからかな?

ではまずメインとなる本編部分。 メインストーリーはひたすらに「ハンサム・ジャックをぶちのめす」のが目的となります。 その過程で、あれやこれやをクエスト形式で消化していき、徐々に追い詰めていくのです。

初代ボダランはストーリーが皆無で、とりあえずVoltを見つけて一攫千金というところが根っこにはあるんですけれども、今ストーリーを話せと言われてもほとんど思い出せない程度には薄いです。

それが、本作ではひっきりなしに入る味方のアホらしい通信や、ジャックの煽り通信などがあり、前作以上にブラックなメイン・サブクエストなどなど、様々な要素がうまく連携して世界と物語を作り上げているんです。 ここは、大幅な進化を遂げて魅力的になっていると思います。

また、色んな所に潜むパロネタ(名前だったり、セリフだったり、アイテムだったり、そのものだったり)も見逃せません。 そしてそれを熱演する、日本語版ローカライズ担当の技と、吹き替え担当の声優陣の熱演も。

そしてなにより、繰り返し書いているように本作の登場人物にまともなヤツはいません。 皆、どこかしらイッちゃってるんで、退屈になりがちなおつかいクエストでも笑わせてくれたりするので、本作の雰囲気が肌に合う場合は楽しくおつかいをこなせます。

前述のとおりクリアレベルは30ほどですが、それほどレベルは上がりやすいものでもないので、クエストはどんどんやるべきでしょう。 一定レベルまで上げると、レベルアップのたびにスキルポイントが貰え、キャラを若干自由に育成可能になります。 ちょっとお金を払えば振り直しもできるので、気楽に試せるのも○。

ただ、最後の最後の方でのメインクエストの推奨レベルの上昇幅が尋常ではなく、未消化クエストをモリモリやるのもめんどくさかったので、DLCをプレイしてレベル上げしたりもしましたが……この辺は最後のほうで萎える可能性もあるので、ちょっと微妙でした。 もっと言えば、結末もあっけなさすぎて……。 最終的に終盤、初代ボダランのエリアに戻ってきたのはちょっと嬉しかったけども。

先ほど書いたように、終盤のレベルデザインの手抜き感は今回もガッカリさせられましたが、通してみるとかなり楽しんでプレイしていました。 ただ、個人的には要素をあますところなくやりこもう!とか、もっとレアアイテム集めよう!とか、リプレイに関わる欲求は生まれませんでした。 とりあえずひと通りやればいいかな、くらいで。

DLC: 正直、本編よりもバランスがいい気がしないでもない

さて、本編が終わったのでDLCもひととおりサラッとサクッと遊んでみました。 GOTYエディションに含まれる大型コンテンツは、

  1. キャプテン・スカーレットと海賊の秘宝
  2. Mr. Torgueのキラートーナメント
  3. Sir Hammerlockと行くハンティング紀行
  4. Tiny Tinaとドラゴンの要塞

の4つ。 ヘッドハンターズという連載型DLCも存在しますが、本作には未収録につき未プレイ。

では適当に各DLCの感想をば。

キャプテン・スカーレットと海賊の秘宝:

なかなかブラックなネタもあってそこそこ楽しめました。 最初に訪れるゴーストタウンとか、スカーレットに思いを寄せるキモ男とその行く末とか……。

ちょっとラスボスの挙動がおかしかった(&BGMも流れていなかったので、バグってた可能性)り、やや不親切なマップデザインも見受けられたので、全面的に賞賛もできないんですけれども。

メインクエストの最後の方に出てきた、Bioshockのビッグダディとリトルシスターっぽい奴らには笑いました。 Badassだったんでしょうけど、何もいいものをくれなかったんですがね。

Mr. Torgueのキラートーナメント:

本編終盤でのレベル不足を補うためにプレイしたのがこれ。 別にどってことない内容でしたが、通常の武器購入ができない代わりに、専用トークンを使って強力なエクスプローシブ武器を手に入れられるので、本編攻略途中に立ち寄ってもアリかも。

このDLCのクエスト名に限らず、色んな所に音楽・映画ネタも散りばめられているのがいいですよね。 Knocking On Heaven’s Doorやらなんやら。

Sir Hammerlockと行くハンティング紀行:

ごめん、ハンティング行ってないわ。

ちょろっと冒頭やったんですけど、なんかいまいちピンとこなくて、面白さより面倒くさい・ダルいという印象が上回ってしまったため途中で放棄。

Nakayamaって誰だ。

Tiny Tinaとドラゴンの要塞:

この中ではもっともお気に入り。 というのも、RPGやらなんやらのお約束ネタ・パロネタが盛りだくさんだからです。 TRPG(テーブルトークRPG)をテーマにしていて、Tinaがゲームマスターを務めるゲームにLilith, Brick, Mordecaiが参加し、プレイヤー視点でカオスなプレイをするというもの。

TRPGはやったことがないので、知識でしかその雰囲気などは知らないんですけれど、それよりなにより、Tinaの考案したというシナリオがメチャクチャな上、それにプレイヤーとして参加する三人がワガママを言ったりツッコんだりするとリアルタイムに“改変”されるというありさま。

例えば最序盤。

Handsome Sorcererのせいでメチャクチャになった“牧歌的な”村に到着するも、Lilithに「メチャクチャなのに牧歌的?」とツッコまれる→それまで綺麗な景色だったのが、突然死臭漂う景色に

先へ進むとHandsome Dragonが! しかし、あまりにも強すぎて「いきなり勝てない敵出しちゃダメだよ」とツッコミ→代わりに最初のボスはスケルトンのMr…ホネ…尾田…ホネ夫?(スケルトン本人の希望によりMr. Boney Pants Guyになりました)が登場

……とまぁ、こんな感じで、リアルタイム仕様変更が盛りだくさん。 どんどんヌルゲー化していきます(実際はヌルゲーというわけでもないんですけれども)。

また、随所にパロネタが豊富で、中でも目立つのが心が折れそうになることで有名な、某なんとかソウル的なもの。 ロストソウルというクエスト名、篝火、侵入メッセージ表示とともにオレンジっぽい色で侵入してくる・=n00bkiLLer=・……などなど。 残念ながらかぼたんらしき存在はなし。

徹頭徹尾、荒唐無稽で意味不明なノリで、DLCの中では一番楽しかったですね。 あと、Tiny Tinaの声をあてている照井春佳さんに惚れそう。 討鬼伝 極のホロウやらGE2の星野ウララ役……って、マジですか!?人違いでした。 ごめんなさい。 まぁ、どっちも好きですが。

Tiny Tina自体CRAZYでCUTEなので、なんだかんだ名前のあるキャラの中では一番好きです。 名無しだったら、わけわからんこと言いながら突っ込んできて、わけわからんこと言いながら死んでいくPsychoが一番好きですけども。

とりあえず、DLCを一個だけ遊ぶとしたら、個人的にはTiny Tinaとドラゴンの要塞がオススメですね。 書ききれないほど笑えるポイントがあるので。

リマスターは買わないと思うけど、3とかは買うかも

っというわけで、通してみると概ね満足できる作品でした。

が、記事のはじめに書いたリマスター版は買うかは怪しいですね。 2を二度やりたいかというと、どうなんだろう……というところもありますし(まぁほとんどソロだったので身内とやれば新鮮かも)、プリシークエルも知人いわく「ソロだときつい」そうなので。 レベル差が出てしまうと遊びにくくなるのもネックなんですよね。

また、2&プリシークエルのリマスター版の売れ行き次第で初代ボダランのリマスター版も出すかも、という話ですが、あのまんまリマスターしても個人的にはやる気しないですね。 ストーリー、バランス、レベルデザイン、システムなどなど厳しいので。

じゃあ、今後もボダランはもうプレイしないのか?というとそうではありません。

リマスターやスピンオフではなくて、完全新作の3が出たら遊んでみたいという気持ちはちょっとあります。 その場合はぜひとも仲間内で遊んでみたいです。 ただ、レベル差の問題が解決されそうにないとアレですけれど。

ともあれ、本作は確かにバランスは悪いし、色んな所で雑・粗いので国産の上質なゲームに慣れていると気になる部分も多くあるかもしれません。 しかし、その独創的すぎるイカれた雰囲気は、魅力的で、刺激的です。

機会があれば、プレイしてみてくださいね。 ただし、PS3版だとロードやセーブ周りで時間がかかってアレなので、環境が許せばPC版をどうぞ。

この記事を書いた人

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

『やっとPS3版「Borderlands 2」を崩したよ。 初代よりずっと楽しい!』へのコメント

  1. 名前:ぴけ 投稿日:2015/02/08(日) 16:22:03 ID:4c098e710

    ボダラン2 プレイおつでーす。
    ネクロちゃんでゴールしたのかな?前にも話したけど、ネクロちゃんか主人公がいいよねぇ。サルは強すぎって聞いてたから使わなかったけど、どぉなんでしょ。どのみち何使っても基本FPSだかんね。弾持ちが鍵な気がしました。
    自分は1周目>DLC2つ消化>2周目って感じ。さすがに同じキャラで2周目は飽きたのですけどどどどー。

    3が出たら一緒に周りたいすなぁ。その時は14ちゃんのようなPTレベルに合った敵のレベル設定にするか何か策を講じていただきたいですけどねー。アイテム取り合いも嫌ねぇw

    んじゃまたに~

    • 名前:壬生狼 投稿日:2015/02/08(日) 20:03:26 ID:e6b9dce13

      こちらでもどもども!

      結局ネクロちゃんで完走しました。 そこそこいいところまで進んでたし、なんだかんだデストラップに愛着も出てきた(ただし酷使する)んでww
      主人公>アクストンだよね? サルってサルバドールかww Tiny TinaのDLCでドワーフ役になっててワロタわwww

      基本は属性と銃の種類(と弾道)の選定をある程度して、後はクリティカル狙いするって面ではモロにFPSですわね。
      あくまでもRPG“テイスト”で、各キャラに個性があるけれども、結局はいかに効果的な射撃ができるか、なわけで。

      ちなみに2週目は覗きもしていない模様。 赤箱いっぱいあるとヒャッホー!とはなるんだけど、あんまりアイテム収集に楽しさを見いだせなかったんや……。

      リマスターのフィードバックとかで3がより遊びやすくなればいいですなぁ。 取り合いも作風にはマッチしてるけど、同時に身内以外とやる気しない一因でもあるというww 意思疎通できないと色々アレ。

      んではまた~